2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 軽めながら周回コースで乗り出しています。☆ウォリアーズクロス | トップページ | ロードなお馬さん(4歳・入厩組) »

2017年10月 9日 (月)

東京・芝2400mのハンデ戦はベストな舞台。序盤はじっくり脚を溜め、末脚勝負に徹してもらいたい。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

月曜東京10R 六社S(芝2400m)6枠8番 大野J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで4日に時計

武市師「4日に坂路コースで追い切りました。前半は馬の後ろで我慢させて、終いは横に出してスッと抜け出しました。タメの利いた良い追い切りができたと思います。週末には南Wコースで大き目を乗れているので、今回は追い切りではあまり攻めずに競馬に向かいます。馬の雰囲気は悪くないですし、状態はいいと思います」(10/5近況)

助 手 4南坂稍 54.4- 39.8- 26.3- 13.0 末強目追う サンタガール(二未勝)一杯を0.8秒追走0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京3日目(10月09日)
10R 六社S
サラ 芝2400メートル 3歳上1600万下 指定 混合 ハンデ 発走15:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トレジャーマップ 牡6 53 丸田恭介
2 2 ブライトバローズ 牡5 55 石橋脩
3 3 ペンタトニック 牡6 55 荻野極
4 4 パフォーマプロミス 牡5 56 吉田隼人
5 5 ワールドレーヴ 牡7 55 蛯名正義
5 6 ケンホファヴァルト 牡4 56 内田博幸
6 7 ステイパーシスト 牡4 55 吉田豊
6 8 グランドサッシュ 牡6 55 大野拓弥
7 9 ウインオリアート 牝6 50 木幡初也
7 10 ソールインパクト 牡5 56 三浦皇成
8 11 ウインブルーローズ 牡5 53 丹内祐次
8 12 デルマサリーチャン 牝6 52 勝浦正樹

○武市師 「期待していた前走の結果が案外。中2週で目に見えない疲れがあったかも。この中間は短期放牧を挟んでの調整。涼しくなって持ち直してきたので楽しみ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

相手関係を見て、OP入りの最大のチャンスとして意気込んだ前走でしたが、中2週で再度の新潟遠征はグランドサッシュにはやはり応えた様子。元々精神的に強い馬ではないので仕方ありません。

また、レースの流れに乗って淡々と競馬をしたのも良くなかった模様。年齢・キャリアを重ねて、レースへの集中力は薄れつつあるので、グランドサッシュには序盤はじっくり脚を溜め、末脚に賭けるような競馬が今は1番フィットするのでしょう。負けはしましたが、今後への参考になる材料として前走は役立てるのかなと見ています。

前走後はいつものようにNF天栄でリフレッシュ。疲れによる硬さが当初見受けられましたが、日が経つにつれて解消。脚元は変わりなく来ています。帰厩後の調整ですが、引き続き坂路オンリーの追い切りですが、普段の調教ではコースに出し、息を作っています。また今回、追い切りは意識的にソフトな仕上げ。これによって精神的にゆとりを持ってレースへ向かってもらいたいです。

相手を見渡すと、パフォーマプロミス・ステイパーシスト・ソールインパクトあたりが強敵に。真っ向勝負では辛いでしょうが、末脚勝負に徹して上位人気馬の争いに食い込んでいって欲しいです。

« 軽めながら周回コースで乗り出しています。☆ウォリアーズクロス | トップページ | ロードなお馬さん(4歳・入厩組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

グランドサッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽めながら周回コースで乗り出しています。☆ウォリアーズクロス | トップページ | ロードなお馬さん(4歳・入厩組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ