2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【ロード】2017年度募集予定馬・厩舎発表 | トップページ | シルクなお馬さん(1歳・関東馬) »

2017年10月 4日 (水)

最後まで渋太く脚を使うも4着まで。ただ、レース後に左第一趾骨剥離骨折が判明。全治6ヶ月の診断が下っています。★ロイヤルアフェア

Photo ロイヤルアフェア(牡・古賀慎)父ネオユニヴァース 母ゴールドティアラ

土曜中山5R 2歳未勝利(ダ1800m)4着(1番人気) 戸崎J

まずまずのスタートを切るも行き脚付かず、後方集団の外目で1,2コーナーを回ります。向こう正面に入ると促しつつポジションを上げて先行集団の外に取りつき、3,4コーナーでのペースアップにもステッキを入れながら食らいついていくと、直線もジリジリと脚を伸ばしますが上位には及ばず4着でゴールしています。

戸崎騎手「気持ちがゆったりとしていて、ゲートを出てもあまり行き脚が付きませんでした。ある程度前にいないと勝負にならないと思い、向こう正面で促しながら上がっていったのですが、勝負所でペースが上がると反応はしているものの、その反応もゆっくりとしたもので置かれてしまいました。それでも直線はまずまず脚を使っていました。ダートの走りは悪くないですし、砂を被っても大丈夫でしたが、使いつつもう少し気持ちがピリッとしてくればいいですね」

古賀慎調教師「コーナーで外々にふられたということもありますが、全体的に気持ちが乗っていない感じでしたね。中間の調教では気持ちが入ってきたと感じていましたし、装鞍所でも初戦に比べるとピリッとしていたのですが、レースではいくらか前進を見せてくれたものの、まだ気持ち的に一本芯が入っていない感じがしました。でも初戦よりはいくらか上向いていましたし、今後も使いつつ良くなっていくと思います。ただゲートでソワソワしていたのは、今後気を付ける必要があるでしょう。キックバックは大丈夫でしたし、今後もこの路線になると思いますが、レースの翌日になり、左トモ球節が腫れているのが確認されたので、検査をしたところ左第一趾骨剥離骨折が判明しました。今後獣医師と相談し手術をするかどうか判断させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:舎飼

古賀慎師「レース翌日のレントゲン検査では全治3ヶ月程度の見込みだったのですが、4日に再検査を行ったところ、骨折線が少し伸びたようで、全治6か月の診断がおりました。線が伸びたと言っても、薄く剥がれている程度なので、獣医の診断によると手術の必要はなく、保存療法での治療となりそうです」(10/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダート替わりで変身を見込んだロイヤルアフェアですが、道中の行きっぷり+反応はデビュー戦とさほど変わらず。戸崎Jは出来るだけキックバックを避ける形で外々を走らせてくれましたが、レースを見ていて、手に力が入るような場面は演出できず。唯一の収穫は外々を回されることになりながら、最後まで失速せずに脚を伸ばすことが出来たぐらいでしょうか。

まあ、馬体に実が入ってきて良い意味で煩いところが出てくれば、前進は見込めるかと。血統通りにダートは向いているでしょう。

ただ、レース後に左トモの球節に腫れが判明。レントゲン等の詳しい検査を行った結果、左第一趾骨剥離骨折との診断が下りました。全治6ヶ月ということなので来春の復帰となってしまいます。正直頭の痛いところですが、起ったことは仕方ないと割り切って、治療を最優先しつつ、心身の成長・パワーアップを推し進めていって欲しいです。

« 【ロード】2017年度募集予定馬・厩舎発表 | トップページ | シルクなお馬さん(1歳・関東馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ロイヤルアフェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ロード】2017年度募集予定馬・厩舎発表 | トップページ | シルクなお馬さん(1歳・関東馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ