2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« 初芝の前走で2着に好走するも、芝のラスト未勝利戦で手強い相手がズラッと。じっくり進めて最後の直線に賭ける競馬でどこまで通用するか。★ロードバリスタ | トップページ | このクラスは1度勝っていますが、その時は展開に恵まれる。右回りで反撃を期待するも、改めてこのクラスでどこまで通用するかを冷静に見極めたい。☆ロードセレリティ »

2017年9月18日 (月)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.552

(中山11R)セントライト記念(G2)

◎アルアイン、○ミッキースワロー、▲クリンチャー、△サトノクロニクル、×サーレンブラント、×クレッシェンドラヴ

中山でG1を勝っているのが1番の強調点となる◎アルアイン。本質的に距離が延びていくのは歓迎ではないでしょうが、この舞台は十分守備範囲。マークは厳しいでしょうが、大崩れは考えられません。

逆転があるなら、やはり○ミッキースワローでしょう。スパッと切れないも、エンジンが掛かると長く良い脚を使ってくれます。前走は負けはしましたが、福島で上がり33秒台は立派。1度使っているのは大きいですし、横山典Jに乗り替わるのはやはり魅力。

展開を考えると、1歩早めに仕掛けられる▲クリンチャーは侮れません。この距離でOPを圧勝しているのも魅力。出脚次第では逃げても良いかも。

潜在能力は◎に次ぐものがある△サトノクロニクル。力は認めるのですが、崩れてしまった後の1戦なので、評価をやや手控え気味に。勝負どころでモタつくので、上手に外へ持ち出しておきたいところ。内にこだわり過ぎると自滅するかも。

あとは距離が延びて良さそうな×2頭。実績は劣るも、3着なら十分食い込む余地あり。

« 初芝の前走で2着に好走するも、芝のラスト未勝利戦で手強い相手がズラッと。じっくり進めて最後の直線に賭ける競馬でどこまで通用するか。★ロードバリスタ | トップページ | このクラスは1度勝っていますが、その時は展開に恵まれる。右回りで反撃を期待するも、改めてこのクラスでどこまで通用するかを冷静に見極めたい。☆ロードセレリティ »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初芝の前走で2着に好走するも、芝のラスト未勝利戦で手強い相手がズラッと。じっくり進めて最後の直線に賭ける競馬でどこまで通用するか。★ロードバリスタ | トップページ | このクラスは1度勝っていますが、その時は展開に恵まれる。右回りで反撃を期待するも、改めてこのクラスでどこまで通用するかを冷静に見極めたい。☆ロードセレリティ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ