2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(4歳上・牧場組) | トップページ | 今週の出走馬(9/30・10/1) »

2017年9月28日 (木)

主戦の川田Jが乗るライバル馬にピタッとマークされる厳しい競馬。最後の直線で内から渋太く抵抗して頑張ってくれるも、交わされるとフワッと失速。もう1頭交わされて3着に敗れる。★ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

日曜阪神12R 3歳上1000万下(ダ1400m)3着(1番人気) ルメールJ

モッサリしたスタートでしたが、二の脚を活かして2番手に取り付けます。勝負どころで前を窺いに行き、先行馬を交わして抜け出しを図ろうとしましたが、勝ち馬に交わされると反応が鈍くなってしまったため、3着でゴールしています。

C.ルメール騎手「出の反応は速くありませんでしたが、スッと行き脚が付いて先行馬を見る形で追走しました。勝負どころで追い出しに掛かると反応して頑張ってくれましたが、残り50mでフッと反応がなくなってしまいました。久しぶりのレースでもありましたし、次は最後まで良い競馬をしてくれると思います」

西村調教師「もう少しプラス体重になると思っていましたが、阪神競馬場までの移動もあってプラス8キロでの出走となりました。ルメール騎手にはゲートだけ気を付けるように伝えていましたが、出の反応はひと息だったものの、すぐ行き脚が付いて理想の位置で競馬をすることが出来たと思います。ただ、後ろにこの馬のことを良く知っている川田騎手がソーディヴァインをマークしながら追走していたので、嫌だなと思ってレースを見ていましたが、やはり勝負どころから外から併せにかかってきました。でも、両サイドから挟まれる形になってしまったものの、揉まれ弱さを見せることなく脚を伸ばしてくれたので、もうひと伸びして欲しいと思いましたが、残り50mで止まってしまいましたね。勝ち馬と最後まで併せる形ならゴールまで辛抱していたかもしれませんが、交わされたことで自分から走るのを止めてしまいました。いい状態でレースに臨めたので勝ち負けしてくれると思っていましたが、久しぶりの競馬でしたし、大崩れはしなかったので次走に期待したいと思います。優先出走権を獲ることが出来ましたので、状態が変わりないようであればこのまま続戦させたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:京都10月14日・ダ1400m(川田J)

西村師「レース後は疲れからか右前脚に少し浮腫みが見られますが、27日から軽めに乗り出せていますから、それほど問題はないと思います。今の感じであれば、優先出走権のある内にもう一走できると思いますので、このまま次走に向けて調整していきたいと思います。4回京都開催の1週目に牝馬限定のダ1400m戦が組まれていますが、ソーディヴァインと手が合いそうな乗り役があまり見当たりませんでした。もう1週待てば川田騎手が騎乗できるということでしたので、10月14日の京都・ダ1400m戦を川田Jで向かいたいと考えています」(9/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々の競馬でプラス8キロ。馬体の張り等で物足りないところはあったかもしれませんが、見た目には太め感なく出来ていたと思うソーディヴァイン。レースでは内枠を少し懸念しましたが、じわっと行き脚が付いて前々でレースの流れに乗ることが出来ました。全くのテン乗りでしたが、C.ルメールJは上手に導いてくれたと思います。

ただ、ライバルの1頭に乗ることになった川田Jがソーディヴァインをマークする形で早めの競馬。4角では外から勢い良く並び掛けてきたのでこの時点で勝ちはなくなったかなと…。まあ、それでも直線でソーディヴァイン&C.ルメールJは内から抵抗。渋太く食い下がってくれましたが、最後は地力の差でねじ伏せられることに。交わされたことでソーディヴァインはフワッとしてしまい、勢い良く伸びてきたヴァンジェンスの強襲にも耐えることが出来ませんでした。正攻法の競馬で負けて強しの内容ですが、最後にウィークポイントの脆さも出てしまいました。

レース後のソーディヴァインですが、右前脚に浮腫みの症状。おそらく前回と同じ箇所でしょうが、そこまで悪くはない様子。まあ、今少し状態を見極めてもらえればと思います。状態に問題なければ、次走は川田Jとのコンビで来月14日の京都・ダ1400mに向かうことになっています。

今回のレース振りから準OPへの返り咲きは遠くないと思いますが、更に上を目指していくには揉まれ弱さを補完する為に馬具の工夫が必要でしょう。ただ、繊細な牝馬なのでブリンカーは利きすぎて、逆効果になりそうな気も。ひとまずチークピーシズを追い切りや普段の調教で試してみて、実戦でも使える準備はしておいて欲しいです。

« ロードなお馬さん(4歳上・牧場組) | トップページ | 今週の出走馬(9/30・10/1) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ソーディヴァイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(4歳上・牧場組) | トップページ | 今週の出走馬(9/30・10/1) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ