出資馬一覧

« 来月9日の中山・芝2000mでのデビューを目指すことに。☆ロイヤルアフェア | トップページ | シルクなお馬さん(石坂厩舎) »

2017年8月13日 (日)

前走使う前からココが目標。圧勝経験のある新潟マイルで復活の狼煙を上げて欲しい。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

8月13日(日)新潟11R・関屋記念(G3)・国際・芝1600mに池添Jで出走します。8月9日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.6-39.4-13.1 7分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「丹念に乗り込む」でした。発走は15時45分です。

○小島調教師 「8月9日(水)も気負わないように注意し、サラッと流しました。今朝は非常に暑かっただけに、先週、先々週の涼しい時にビシッと追うことができたのは大きいでしょう。申し分の無いデキ。得意と思われる新潟で結果を出して秋を迎えたいですね」

≪調教時計≫
17.08.09 調教師 美南W稍 53.6 39.4 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟6日目(08月13日)
11R 関屋記念(G3)
サラ 芝1600メートル 3歳上OP 特指 国際 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ダノンプラチナ 牡5 56 蛯名正義
1 2 レッドレイヴン 牡7 56 北村宏司
2 3 マルターズアポジー 牡5 57 武士沢友治
2 4 トーセンデューク 牡6 56 小崎綾也
3 5 ロサギガンティア 牡6 57 大野拓弥
3 6 メートルダール 牡4 56 M.デムーロ
4 7 ショウナンバッハ 牡6 56 柴田善臣
4 8 オールザゴー 牡3 53 内田博幸
5 9 クラリティスカイ 牡5 56 横山典弘
5 10 ダノンリバティ 牡5 56 松若風馬
6 11 ヤングマンパワー 牡5 57 石橋脩
6 12 ブラックムーン 牡5 56 川田将雅
7 13 マイネルハニー 牡4 56 柴田大知
7 14 ロードクエスト 牡4 56 池添謙一
8 15 ウインガニオン 牡5 57 津村明秀
8 16 ウキヨノカゼ 牝7 55 吉田隼人

○土明助手 「先週末にしっかりやったので、今週の調教は整える程度にしました。動きは良かったですし、状態は前走より確実にいいです。条件もベストですし、期待しています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【関屋記念】ロードクエスト、新潟で圧勝再現へ丹念仕上げ(スポニチより)

ロードクエストは先週とは一転して軽め。はるか前を行く僚馬を追うアクションは最初からなく、単走馬なりでゴール。4F53秒6〜1F13秒1。弾むような脚さばきに休み明けのパラダイスS(5着)を叩いた効果が歴然としている。

騎乗した小島茂師は「暑い時季なので、一度どこでやろうかと考えていた。先週が涼しかったので週中(2日)と週末(5日)に負荷をかけることができた。なので、今日はそんなに必要ないと思ったので、気分良くリズムを守って走らせた」と理路整然と説明した。なるほど、先週2日の美浦は19度で秋のような涼しさ。逆にこの日は追い切り後の午前8時で30度超えの酷暑。気温にも細心の注意を払い、丹念に仕上げた。

前走を使う前から、関屋記念は今夏最大の目標。指揮官は「使った効果は確実にある。新潟は坂がない分、この子には向いている。暑さにも比較的強いタイプ」と力を込めた。今回の新潟マイルは新潟2歳Sを制した思い出舞台。2年前と同じ圧勝劇でG1戦線返り咲きが陣営の願いだ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右前脚蹄冠部の内側に傷を作った為、春競馬を棒にしてしまったロードクエスト。その為、前走のパラダイスSは約7ヶ月ぶりの実戦に。追い切りは丹念に乗られ、状態は良かったと思ういますが、その前走時からココを目標に据えていたので、前走は勝ち負けよりも先を見据えた試運転。道中は折り合いに専念し、最後の直線で末を伸ばす競馬に徹しました。

5着という結果は確かに物足りなさはありますが、上位2着馬はそのまま中京記念でもワン・ツー。緩い流れで最後まで脚を使っていたことは評価したいです。あとはこの経験が今回に生きてくれるかどうか。それに尽きます。

前走から中6週のローテで臨む今回。厩舎に滞在して調整を進め、時計になるところを丹念に乗ってきました。1週前には坂路でビシッと追われ、調整に狂いはないと思います。最終追いは幾らかセーブした方が良い結果を出していますし。

ただ、今回は夏の重賞とはいえ、かなり粒の揃ったメンバー構成で16頭という多頭数の競馬。追い込み一辺倒のクエストには難しいところ。最後の直線で大外をぶん回しているようでは届かないでしょう。新潟2歳Sのような大胆なコース取りが必要と思います。そこは陣営と池添Jの判断にお任せします。

新潟のマイル戦は圧勝した実績のあるコース。まあ、その当時とは相手のレベルが全く違いますが、復活の狼煙を上げるには最適の舞台ではあります。逆にここで好勝負出来ないようなら、低迷は続くことでしょう。ここはホント試金石の1戦。クエストらしい末脚を繰り出し、収得賞金を加算して秋競馬へ駒を進めてもらいたいです。

« 来月9日の中山・芝2000mでのデビューを目指すことに。☆ロイヤルアフェア | トップページ | シルクなお馬さん(石坂厩舎) »

ロードクエスト」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来月9日の中山・芝2000mでのデビューを目指すことに。☆ロイヤルアフェア | トップページ | シルクなお馬さん(石坂厩舎) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ