2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 今週の出走馬(8/19・20) | トップページ | 【近況】【画像&ツアー動画更新】シルキーラグーンの16 »

2017年8月18日 (金)

展開&枠に泣かされるも、直線では一瞬目立つ伸びを披露。悲観するレース内容ではなかったも…。★ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

8月13日(日)新潟11R・関屋記念(G3)・国際・芝1600mに池添Jで出走。16頭立て2番人気で7枠14番からスローペースの道中を9、8、8番手と進み、直線では外を通って0秒3差の6着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分32秒5、上がり33秒3。馬体重は8キロ減少の454キロでした。

○池添騎手 「雰囲気が凄く良かった部分を踏まえ、いつもより攻めました。出して行って中団の馬の後ろで我慢させる形。マイルCS(G1)の時に掴んだ乗り方を実践し、良い感じで道中を進められたと思います。大外を回さないようにだけ注意して直線へ。しっかりと脚を使ってくれたとは言え、結局は先行勢が全く止まらない流れが厳しかったでしょう。脚質的にもあれ以上は序盤に位置を取るのは難しいはず。距離についてはマイルがやはり合っている印象です」

○小島調教師 「馬場と展開を踏まえた運び方。ジョッキーは十分に考えて乗ってくれたでしょう。ただ、コースの内側から乾き始めていた他、先行グループに有利な流れ。1番枠だった5着馬が追い込んだとは言え、こちらはインへ潜り込むのは難しかったと思います。賞金加算が叶わなかっただけに、今後のローテーションをじっくり検討したいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

気配良化。スタートひと息。ジワッと中団へ。少し行きたがる場面があった。直線は外からグイッと伸びたが、残り100メートルで脚色が鈍る。ペースに泣いたし、外枠も応えた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、9月10日(日)中山・京成杯オータムH(G3)・国際・芝1600mもしくは10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに予定しています。

○小島調教師 「相応の負荷を掛けてレースへ。でも、思ったよりダメージは少ない感じ・・・と跨った助手が話した通り、脚元等に問題は生じていません。今のところは厩舎に置いたまま調整を続ける方針。2鞍を新たな候補に考えており、双方に使う可能性もあります」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここを目標に良い状態でレースに臨めたのは確かでしょうが、先行していた馬たちが上位3頭を独占。そして馬場の内側をロスなく立ち回って粘りを発揮しました。

それに対して、ロードクエストはいつもより前目の位置で追走。この馬とすれば我慢は利いていたと思います。そして最後の直線は馬場の真ん中からしっかり反応。残り200mでは2着に上がりそうな勢いはあったのですが、そこからワンパンチが利かず。ジリっぽくなってしまい6着に終わってしまいました。

結果については残念ですが、レースぶりに関してはそれほど悲観することもないでしょう。ただ、勝ち切る・上位争いに持ち込むには展開の味方が必要。これぐらいのメンバー相手では地力で捻じ伏せるのは難しくなっています。成長度が物足りないのは仕方ないかな。

レース後のクエストですが、大きなダメージはなし。このまま厩舎に滞在して昨年勝っている京王杯AHを目指すことになりそう。サマーマイルシリーズ・最終戦なので、メンバーは今回とほぼ同じ顔触れでしょう。トリッキーな中山だとHペースが予想されるので、その流れを味方に上位進出を。そろそろ収得賞金を加算したいところです。

今回のレースは物足りなさと運のなさを感じました。ただ、レース運び等は悪くなかったと思うので、舞台が変わっての巻き返しに期待は持ちたいです。

« 今週の出走馬(8/19・20) | トップページ | 【近況】【画像&ツアー動画更新】シルキーラグーンの16 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードクエスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の出走馬(8/19・20) | トップページ | 【近況】【画像&ツアー動画更新】シルキーラグーンの16 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ