2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 最後の最後で粘り込む2着馬を交わして2度目の重賞制覇。ただ、レース後に左前第一指骨の骨折が判明しています。☆ゼーヴィント | トップページ | 今週の出走馬(7/15・16) »

2017年7月13日 (木)

最後は決め手のある馬に屈してしまうも、積極的な立ち回りで最後まで渋太さを発揮。高速決着に対応できたのは収穫大です。☆ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・池江寿)父ディープインパクト 母インディアナギャル

7月9日(日)中京10R・有松特別・混合・芝1600mに川田Jで出走。10頭立て4番人気で7枠8番から平均ペースの道中を6、5、3番手と進み、直線では内を通って0秒1差の3着でした。馬場は良。タイム1分32秒8、上がり34秒5。馬体重は10キロ減少の490キロでした。

○川田騎手 「コース内側が荒れていたものの、苦にする素振りも見せずにスイスイと。そこでロスを避けるべくインを突きました。前回に比べて後肢の具合がグンと良い感じに変わった反面、連戦で全体的に幾らか疲れ気味な印象も。そんな中でも最後まで頑張ってくれたでしょう。1600mは全く問題なし。フレッシュな状態を取り戻せば更に走れるのでは・・・」

○池江調教師 「切れる脚は使えぬタイプ。決め手を持つ馬には負けてしまいます。とは言え、レコード決着で僅差3着。力を付けている印象です。以前に距離を延ばして失敗した経験も。短縮される分には大丈夫・・・と見込んでいたものの、実際に結果が伴った事で選択肢も広がるでしょう。次走を優位に選べる立場。ただ、ちょっと回復の時間を設けるべきかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。7月12日(水)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して夏以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○池江調教師 「脚元等は大丈夫そう。喉の具合も安定しています。ただ、全体的に多少クタッと。一旦リフレッシュさせましょう。7月12日(水)にトレセン近郊の牧場へ。移動後の様子と経過を確認しつつ復帰プランを検討するのがベターかも知れませんね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2勝目を挙げた前走から更に状態を上げているようだったので、昇級戦でも格好を付けて欲しいと思っていたロードプレミアム。負けはしましたが、想像以上のパフォーマンスを見せてくれました。

初めてのマイル戦でレース序盤は戸惑いを感じさせる走りでしたが、スッと押し上げて行って好位をキープ。4角を回ってくる時は追っ付け気味で余裕はなかったですが、直線で追われると実に渋い伸びを発揮。2着馬がスッと抜け出しに掛かるも、プレミアムは内から抵抗するような粘り腰。最後の最後で勝ち馬が大外を強襲して決め手の差が出てしまいましたが、負けて強しの競馬で胸を張れると思います。

また、前走に引き続き、速い時計への決着に対応できたのも大きいでしょう。これならクラスが上がっていっても、経験を積めば対応していってくれるでしょう。今回の競馬から、マイラーとしての資質・適性は確かなものだと思います。

レース後、脚元&喉は大丈夫そうですが、全力を出し切ったことでクタッと。優先権を取ることは出来ましたが、ここは放牧が妥当でしょう。個人的には夏のローカル開催での復帰は見送り、秋の阪神へ直行して欲しいです。

まだまだ緩さ・内面の弱さが解消できていないプレミアム。この点が良くなれば、まだまだ進化出来る筈。ここ2走で掴んだ好感触を今後にしっかり役立てていって欲しいです。

« 最後の最後で粘り込む2着馬を交わして2度目の重賞制覇。ただ、レース後に左前第一指骨の骨折が判明しています。☆ゼーヴィント | トップページ | 今週の出走馬(7/15・16) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードプレミアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の最後で粘り込む2着馬を交わして2度目の重賞制覇。ただ、レース後に左前第一指骨の骨折が判明しています。☆ゼーヴィント | トップページ | 今週の出走馬(7/15・16) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ