最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【シルク】第1次募集・出資お申し込み状況 | トップページ | 今週の出走馬(7/29・30) »

2017年7月26日 (水)

最後は決め手の差が出るも、直線で交わされてからも渋太く踏ん張る。昇級戦で3着なら上々。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

7月22日(土)福島8R・3歳上500万下・芝2600mに大野Jで出走。14頭立て6番人気で5枠8番からスローペースの道中を5、4、2、2番手と進み、直線では中央を通って0秒3差の3着でした。馬場は良。タイム2分40秒5、上がり36秒2。馬体重は8キロ減少の442キロでした。

○千田調教師 「積極的なレース。また、一旦は交わされた相手を最後に差し返しています。渋太いタイプ。このような形で運ぶのが合うのでしょう。勝ち馬は以前に1000万下で走っていたのも考えると、クラスの目途が立ったと言えるのでは・・・。ただ、暑い時期と福島への輸送でマイナス8キロ。長い距離も走っただけに、ダメージを確認してから次のプランを検討すべきですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬体スッキリ。出たなりから先団で折り合い、流れに乗る。3分3厘から動き、正攻法の競馬。直線で勝ち馬に前に出られるも、そこから渋太く踏ん張った。昇級戦で上首尾の内容。(B誌より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は7月27日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して9月3日(日)小倉・3歳上500万下・混合・芝2600mへ向けて態勢を整えます。

○千田調教師 「脚元等に関しては大丈夫そうです。ただ、飼い葉が幾らか落ち気味に。ちょっと回復の時間を設けるべきでしょう。7月27日(木)に栗東近郊の牧場へ。3週間程度で帰厩の段取りを組み、小倉最終日の長丁場へ向かえれば・・・と考えています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

長距離での一連の安定感から、昇級してもそう恥ずかしい競馬にはならないと思っていたロードゼスト。また、今回は関東圏での競馬で相手にも多少は恵まれるかなと見ていました。

パドックに登場したゼストはマイナス8キロ。絞れたというよりは細くなってしまったという感じ。活気はあったので、レースへの影響はそうなかったと思います。

大野Jはテン乗りでしたが、ゲートを出たなりでソツのない競馬をしてくれました。折り合いも特に問題はなかったです。ただ、結果論ですが、3角過ぎからもう少し強気に動いても良かったかなと。外から捲くられそうになってから内から抵抗していたので、早めに先頭へ立って、ラチを頼りに粘り込みを図って欲しかったです。まあ、それでも勝つところまでは厳しかったですね。渋太く3着を確保したことを大いに褒めてあげたいです。

レース後のゼストですが、脚元等は大丈夫。ただ、カイバ食いが落ちて、更に細くなってしまっている様子。明日、グリーンウッドへ移動し、英気を養うことになっています。そして順調に回復するなら、9月3日の小倉の芝2600mへ向かう予定となっています。

仮にここを勝つようなら、中2週で神戸新聞杯に挑戦して欲しいですが、ダメな場合はローカル中心に走っていって、早めに2勝目を挙げていくことを目標に据えて欲しいです。

« 【シルク】第1次募集・出資お申し込み状況 | トップページ | 今週の出走馬(7/29・30) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードゼスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【シルク】第1次募集・出資お申し込み状況 | トップページ | 今週の出走馬(7/29・30) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ