出資馬一覧

« 連闘で土曜中京・インディアTを予定していたも、非抽選で除外に。結局、近日中にNFしがらきへ放牧に出ることになりました。★ヴィッセン | トップページ | デビュー戦の鞍上が武豊Jに決まりました。☆ロードイヒラニ »

2017年7月15日 (土)

4角を回ってくる時は押し切れそうな雰囲気はあったも、最後の直線で手前を替え切れず。その結果はワンパンチ足りずの4着に終わる。★リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

水曜大井11R ジャパンダートダービー(Jpn1・ダ2000m)4着(3番人気) 木幡巧J

五分のスタートから促して行き、道中は5番手辺りを追走、4コーナーで徐々に進出し前を窺いに掛かり、直線に向いて追い出されますがジリジリとした伸び脚で、上位には及ばず4着でゴールしています。

木幡巧騎手「前走に比べると跨った時の雰囲気が良かったですし、これならいい勝負をしてくれると思いました。スタートはいつも通り出ているのですが、中央に比べて砂が深いので、行き脚が付くまでに少し時間が掛かってしまいました。変に囲まれてしまって動くに動けなくなるのは嫌だったので、向正面に入ってからはいつでも抜け出せるようなポジションで追走していき、4コーナーで内の馬が上がって行くのと一緒に動いて行きました。直線に向くまでの手応えも良かったですし、これならと思って追い出したのですが、最後は押し切れませんでした。勝負どころで外を回らされて苦しい部分もありましたし、直線でも一押ししたいところで手前が変わらず、そういったところの影響もあったのかもしれません。馬は頑張って走ってくれているのですが、結果を残すことが出来ず申し訳ありませんでした」

牧調教師「今回は装鞍所から元気がありましたし、前走時に比べるとパドックから前向きで雰囲気は良かったと思います。向正面で少し押していった時には手応えが悪いのかなと少々不安がよぎったのですが、そこから盛り返してよく見せ場を作ってくれたと思います。外々を回らされる厳しい形になりましたし、それに今回は帰厩当初にいつもより硬さが見られ、連勝していた頃と比べるとセーブしながらの調整になってしまった部分が正直あり、最後はもしかするとそういった部分の影響が出てしまったのかもしれません。ただ敗れてはしまいましたが、前走に比べるとレースの内容的には良かったと思いますし、まだ成長途上の中でこの馬の力は示してくれたと思います。暑い中がんばって走った疲れがあると思いますし、この後は一旦放牧に出させていただく方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【ジャパンダートダービー】(大井)~船橋のヒガシウィルウィンが制覇(ラジオNIKKEI・競馬実況ウェブより)

大井競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われたダートグレード競走の第19回ジャパンダートダービー(第11競走・Jpn1・3歳OP・ダ2000m・1着賞金4500万円)は14頭が出走した。

スタートしてJRAのノーブルサターンが大外枠から先手を取り、向正面では6番人気のJRAのローズプリンスダムが2番手となり、3番手に4番人気のJRAのサンライズソアがつけ、その後にJRAのシゲルコング、そして固まるようにして3番人気のJRAのリゾネーターが追走。その内に5番人気となった船橋のヒガシウィルウィンがつけ、1番人気のJRAのサンライズノヴァはその集団の外8番手あたりにつけた。その集団の直後を2番人気のJRAのタガノディグオが追走した。

3コーナーを回って外からリゾネーターが先に動いて4コーナーではノーブルサターンに並びかけて直線に向いた。前2頭に最内を突いたサンライズソアと4コーナーで内から外に持ち出したヒガシウィルウィンが襲い掛かり、残り200メートルで抜けて2頭の追い比べとなり、最後はクビの差をつけてヒガシウィルウィンが優勝した。勝ちタイムは2分5秒8。勝利騎手は船橋の本田正重。外から追い込んだタガノディグオがゴール前でリゾネーターを交わして3着となり、逃げたノーブルサターンが5着。サンライズノヴァは6着に終わった。

ヒガシウィルウィンは、船橋の佐藤賢二厩舎の所属馬。父はサウスヴィグラス、母はプリモタイム(母父はブライアンズタイム)という血統の牡3歳栗毛馬。北海道競馬でデビューし、今年1月のニューイヤーカップから南関東で走り、前走の東京ダービーを制して南関東の3歳No.1の座を手にしていた。通算成績はこれで14戦7勝。南関東に移籍してからの4戦すべてで騎乗した森泰斗騎手がケガのために乗れず、今回初めてコンビを組んだ本田正重騎手がみごとに大役をはたした。佐藤賢二調教師は2001年のトーシンブリザード以来の2度目のジャパンダートダービー制覇。地方競馬の馬がこのレースを制したのはマグニフィカ以来7年ぶり。

4着 リゾネーター 木幡巧也騎手
「スタートがいつものように出てくれませんでしたが、道中は良い競馬ができました。向こう正面でも直線でも手応えがあり、いけると思ったのですが。甘くなかったです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走が不可解な敗戦で、この中間も良い頃の雰囲気にないと思っていたリゾネーター。正直、前走のような大敗まであるかなと覚悟をしていました。

パドックに登場したリゾネーター。初めてのナイター競馬に戸惑いはなかったですが、今回もプラス体重。手脚が長い分、重苦しくはありませんが、お腹回りは余裕のある造り。無駄肉が削がれ、馬体にメリハリが出てくれば、また違ったパフォーマンスを見せることが出来るんでしょうが…。

いざレースですが、初めての大井ということでスタートのタイミングが一息で出脚が付かず。幸い、外目の枠を引いていたので、揉まれ込むようなことはなかったですが、促しながらの追走に。道中もやや外目を追走することになりました。ただ、それでも勝負どころで今回は置かれることなく余力十分。直線を向いた時も手応えが良かったので、『これなら!』と力が入ったのですが…。そこからの伸びが渋かったです。早めに捲り切って、直線はラチを頼りに走らせた方が良かったのかな? まあ、結果論ですが、色々思うところはありました。そして最後にリゾネーターの課題・手前を上手に替え切れなかったのが響きました。馬体がパンとしてくれば、スッと替えるようになるんでしょうが…。最後まで人馬頑張ってくれましたが、残念ながらワンパンチ足りずの4着に終わりました。

残念な思いと改めて力のあることが分かってホッとした面も。まあ、まだまだこれからの馬ですし、内面に弱さも残ります。当面は欲張らずに出走と放牧を繰り返しながら、強い相手との戦いに揉まれながら、じわじわ地力を養っていってもらえればと思います。

« 連闘で土曜中京・インディアTを予定していたも、非抽選で除外に。結局、近日中にNFしがらきへ放牧に出ることになりました。★ヴィッセン | トップページ | デビュー戦の鞍上が武豊Jに決まりました。☆ロードイヒラニ »

リゾネーター」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連闘で土曜中京・インディアTを予定していたも、非抽選で除外に。結局、近日中にNFしがらきへ放牧に出ることになりました。★ヴィッセン | トップページ | デビュー戦の鞍上が武豊Jに決まりました。☆ロードイヒラニ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ