出資馬一覧

« シルクなお馬さん(牡馬・北海道組) | トップページ | 初めて逃げる競馬が出来たも、最後に後続にドドッと差されての7着。小倉の後半戦で最後の勝負を賭けることに。★ロードギブソン »

2017年7月19日 (水)

ロード&シルクなお馬さん(父ロードカナロア・北海道組)

Photo_6 ロードザナドゥ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3600m(1ハロン20~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。6月30日(金)測定の馬体重は496キロ。

○当地スタッフ 「ファーストクロップが好発進を決めたロードカナロア。こちらで手掛ける2歳で最も父に似る本馬も楽しみでしょう。ただ、心身を育んでいる今は日々の稽古を丹念にこなすことが大事。以前より更に走りが纏まった点を最近の収穫に挙げたいです」

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はトレッドミル

担当者「坂路でのハロン15秒の調教では、だいぶ余裕をもって登坂してくれるようになってきたことから、この中間から登坂回数を3回に増やして乗り込みを強化しています。馬体の張り・毛艶が良く、体調面は問題ありませんが、まだ体を持て余している感じが窺えます。調教に対して気持ちが入り易いところがあるので、動きとのバランスを上手く連動できるようにトモを使わせた運動を心掛けていきたいと思います。馬体重は520キロです」(7/18近況)

Photo_3 ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週5回周回コースでハロン25秒のキャンター2500m

担当者「動きそのものは悪くないものの、少し落ち着きがないところが窺えるので、この中間はペースを上げずにハロン17秒に抑え、出来るだけ集中力を維持させながら調教を行っています。脚元・体調等は問題なく進めることが出来ているので、周回コースと坂路コースでじっくり体力を付けながら、走りと気持ちのバランスが伴っていけるように進めていきたいと考えています。馬体重は514キロです」(7/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道から脱出できていないロード&シルクで出資しているロードカナロア産駒の近況をまとめて。

同期の牡馬はほぼ本州へと旅立った中、ロードザナドゥはマイペース調整。緩さは急に良くなる訳ではないので、淡々と乗り込むしかありません。それでも乗り込みつつ馬体が絞れてきたのは○。1200mで活躍する父の産駒は珍しくなりそうなので、ロードザナドゥには父の路線(スプリント界)を継承できる馬になってもらいたいです。

アンナベルガイトは攻めを強化しましたが、現状の課題はロードザナドゥと同様。体を持て余していますし、上手に使い切れていません。まずはこの夏をしっかり鍛え抜いて良くなってくることを願って。また、同馬はダートの方が良いかもしれません。

骨折で出遅れたダイアトニックですが、調教のペースは追い付いてきました。その一方で精神面で幼いところが目立ってもきました。ここからはもう少し丁寧に調教を重ねていく必要があるのかなと思います。

« シルクなお馬さん(牡馬・北海道組) | トップページ | 初めて逃げる競馬が出来たも、最後に後続にドドッと差されての7着。小倉の後半戦で最後の勝負を賭けることに。★ロードギブソン »

アンナベルガイト」カテゴリの記事

ダイアトニック」カテゴリの記事

ロードザナドゥ」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(牡馬・北海道組) | トップページ | 初めて逃げる競馬が出来たも、最後に後続にドドッと差されての7着。小倉の後半戦で最後の勝負を賭けることに。★ロードギブソン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ