出資馬一覧

« 毛ヅヤが冴えて体調は頗る良さそう。初めてのマイル戦も魅力。あとは昇級しての力関係だけで…。☆ロードプレミアム | トップページ | シルクなお馬さん(尾関厩舎) »

2017年7月 9日 (日)

脚元の不安が和らぎ、しっかり負荷を掛けることが出来ているのは○。ただ、久々+初斤量など克服すべき課題があるので…。☆ゼーヴィント

Photo ゼーヴィント(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

日曜福島11R 七夕賞(G3・芝2000m)6枠8番 戸崎J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで5日に時計

木村師「5日に南Wコースで追い切りを行いました。3頭併せの一番後ろを追走し、最後は最内に併せて先着しています。稽古は動く馬なので、終いしっかりと伸びて動きそのものは悪くありませんでしたが、やはり久々の分、まだ少し重い印象があります。それでも、前走後に不安が出てしまった脚元の状態は悪化することなく、調教を積む毎に徐々に状態は上向いてきていると思います。ハンデについてはどうなるかやってみないことには分からないところがありますが、秘めている能力は高い馬ですし、今後大きいところを狙っていく意味でも、ここはいい結果を期待したいところです」(7/6近況)

助 手 2南坂良 53.7- 39.2- 25.3- 12.2 一杯に追う
助 手 4南坂良 60.4- 44.6- 29.6- 14.5 馬なり余力
助 手 5南W不 83.6- 68.8- 54.0- 39.4- 11.9 直一杯追う セシルクラウン(古500万)末強目の内を0.8秒追走0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回福島4日目(07月09日)
11R 七夕賞(G3)
サラ 芝2000メートル 3歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 パドルウィール 牡6 54 石橋脩
2 2 スズカデヴィアス 牡6 56 横山典弘
3 3 フェルメッツァ 牡6 55 秋山真一郎
4 4 フェイマスエンド 牡6 54 石川裕紀人
5 5 バーディーイーグル 牡7 53 吉田豊
5 6 ヴォージュ 牡4 55 内田博幸
6 7 タツゴウゲキ 牡5 52 北村宏司
6 8 ゼーヴィント 牡4 57 戸崎圭太
7 9 マルターズアポジー 牡5 57 武士沢友治
7 10 ウインインスパイア 牡6 52 木幡巧也
8 11 マイネルフロスト 牡6 57 柴田大知
8 12 ソールインパクト 牡5 53 大野拓弥

○木村師 「最終追い切りは少し軽くなったが、1週前はしっかり負荷を掛けたのでマズマズの仕上がり。久々がどう出るかだが、元々の能力が高いし、実績のある福島コースなので期待している」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【七夕賞】重賞2勝目狙うゼーヴィント、3頭併せで首差先着(スポニチ)

好相性の福島で2つ目のタイトルを狙うゼーヴィントは、Wコースで3頭併せ。セシルクラウン(4歳500万)が先導し、クリミアタイガー(同)を挟んで1馬身差の等間隔で最後方を追走。直線は外を回った2頭の内へ潜り込む形。いっぱいに手綱をしごかれ、外で遅れたセシルを尻目に、最後まで食い下がったクリミアに首差先着。ゴール後も手綱を緩めず、1角すぎまでスピードを保ったまま併走した。

見守った木村師は「間隔が空いて体に余裕があるので、しっかり動かしていく形。まだ少し重さを感じるが、先週より仕上がりは進んでいる」と納得の表情。昨夏の福島ラジオNIKKEI賞で重賞初制覇を飾って以降、白星こそないが重賞で3戦連続2着と安定。「勝ち切れないのが課題だが、素質は素晴らしいものがある。秋は大きいところを狙いたいので、今回はトータル的な能力で、何とか結果を出してほしい」と、祈るような気持ちで送り出す。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年のラジオNIKKEI賞で初重賞勝利を手にした後、3戦連続で2着続きの同馬。セントライト記念は勝ち馬にねじ伏せられましたが、その後の2戦はセントライト記念の激走による反動であったり、左前球節から繋にかけてのモヤモヤが尾を引いたと思います。それでも2着を確保しているのは負けて強しの競馬をしていると言えるでしょう。

正攻法の競馬をして内をスクわれた前走後、懸念箇所の左前球節の内側に腫れ・熱感が確認。幸い、腱や靱帯に損傷はありませんでしたが、無理せずにじっくり立て直すことに。結果的に春競馬を棒にしてしまいましたが、慎重に進めてきたことでその不安はほぼ解消できているようです。

帰厩当初は坂路で様子を見ながらの調整でしたが、レースが近づいてきて、Wコースを併用しての調整へ。休んでいたので馬体に緩さ・重めが残っているとは思いますが、ビシビシやれているのは心強いです。また、この休養期間で精神面での成長が見られる様子。休む前より馬のレベルは1段・2段上がっていると思います。

あとは約半年ぶりの実戦+初めての57キロ。そして高速馬場への適応力がポイントというか課題に。レースが巧い馬なので無難にこなしてくれると思っていますが、初めての経験なので…。また、ひと追い毎に良くなっているとはいえ、ここに全力投球という馬ではありません。勝ち切れるかとなると、正直、『うーん』と悩んでしまうのが本当のところです。まあ、まずは無事走り終えて欲しいです。

« 毛ヅヤが冴えて体調は頗る良さそう。初めてのマイル戦も魅力。あとは昇級しての力関係だけで…。☆ロードプレミアム | トップページ | シルクなお馬さん(尾関厩舎) »

ゼーヴィント」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毛ヅヤが冴えて体調は頗る良さそう。初めてのマイル戦も魅力。あとは昇級しての力関係だけで…。☆ロードプレミアム | トップページ | シルクなお馬さん(尾関厩舎) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ