2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

« 帰厩へ向けての仕上げ中に左トモ脚に腫れが判明。詳しい検査の結果、繋靭帯の不全断裂が判明し、競走能力喪失と診断されました。★ワンダフルラスター | トップページ | シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF天栄組) »

2017年7月23日 (日)

素質を感じさせる動きを見せている一方で精神面の幼さも目立つ現状。初めての競馬に戸惑わなければ良いのですが…。☆ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

7月23日(日)中京5R・2歳新馬・混合・芝1400mに武豊Jで出走します。7月19日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に57.8-43.1-28.5-14.2 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。また、不良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン54.9-39.7-12.5 5分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って同時入線。追い切りの短評は「仕上がり良好」でした。発走は12時20分です。

○千田調教師 「7月19日(水)もウッドで。良い感じで駆けており、これで十分でしょう。この時期の2歳としては結構しっかり。これまでに携わった兄姉の中でも、デビューまで最も順調に来ました。未知数な部分は多いものの、期待を持って送り出せそう」

≪調教時計≫
17.07.19 助手 栗CW不 54.9 39.7 12.5 馬なり余力 ダノンキラメキ(3歳未勝利)馬なりの内同入
17.07.19 助手 栗東坂不1回 57.8 43.1 28.5 14.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中京8日目(07月23日)
5R 2歳新馬
サラ 芝1400メートル 指定 混合 馬齢 発走12:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タレンティドガイ 牡2 54 川須栄彦
2 2 スズカゼフィール 牡2 54 太宰啓介
2 3 ロードイヒラニ 牡2 54 武豊
3 4 ライリー 牡2 51 川又賢治
3 5 ブルベアマイタケ 牡2 52 荻野極
4 6 ブルベアクレソン 牡2 54 幸英明
4 7 アントルシャ 牝2 54 M.デムーロ
5 8 マイネルベッカー 牡2 54 国分優作
5 9 デンコウメジャー 牡2 54 高倉稜
6 10 イチネンプリンス 牡2 54 松山弘平
6 11 ウォーターパルフェ 牡2 54 酒井学
7 12 アルマアノン 牝2 54 和田竜二
7 13 グランディスカーペ 牡2 54 横山典弘
8 14 タガノイチベエ 牡2 53 加藤祥太
8 15 ワイルドフィクサー 牡2 54 D.ホワイト

○千田師 「この時期の2歳とすれば乗り味が良く、トビが綺麗でフットワークがいい。十分乗り込んだので、初戦から力は出せると思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜中京5Rトレセン直送トーク(競馬ラボより)

●ロードイヒラニ(牡2、栗東・千田厩舎)はスピードを武器に続々と産駒が勝ち上がっているロードカナロア産駒で、クラブでの募集価格は2700万円。姉にフローラSで3着に入ったブリュネットがいる。

千田輝彦調教師は「ロードカナロア産駒らしく短いところが合いそうなタイプですね。きれいな跳びをしているし、水準以上にあると思います」とマズマズのジャッジ。鞍上は武豊騎手。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【今日のキラ星】ロードイヒラニ(サンスポより)

【中京5R】G2サンスポ賞フローラS3着のブリュネットなど、兄姉は4頭中3頭がJRAで勝ち上がり。父は種牡馬デビューの今年、すでに5頭の勝ち馬を出している。千田調教師は「兄姉より気性面で大人だし、きれいな跳びをするので、広い馬場は合う」と期待を寄せる。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ケイアイファームで生まれたカナロア産駒の長男となるロードイヒラニ。募集当初は触手が伸びなかったのですが、馬体の雰囲気は良く、まとまりの良さを感じてきました。また、出資している同世代は遅めの始動になりそうだったので、募集締め切りのタイミングでポチっと出資しました。この母の仔に出資したことがなかったもあと押しになりました。

ただ、入厩した当初は牧場の評価とは違い、幼い面が目立つことに。周囲を気に掛けたり、ゲートでも他馬の動きに左右されたりと走ることに前向きと言われていた姿とはちょっとかけ離れた感じでした。

まあ、それでもゲート試験は1発合格。その後も疲れを見せずに追い切りを重ねてきました。動きは目立っているとは言えないも、水準レベルにはあるでしょう。確かに走っているフォームは良く、芝の実戦で更に良さが出てくれるでしょう。

大手牧場のカナロア産駒の好調が続く中、本家の第1号(カナロア産の初戦)としてその流れに続きたいところ。稽古通りなら期待できそうも、幼い面を覗かせているのも確か。初めての競馬で訳が分からないまま終えてしまう可能性は低くないと思います。ですので、初戦は過度の期待は控え、今後に期待が持てる走りを見せてくれれば良しとしたいです。

« 帰厩へ向けての仕上げ中に左トモ脚に腫れが判明。詳しい検査の結果、繋靭帯の不全断裂が判明し、競走能力喪失と診断されました。★ワンダフルラスター | トップページ | シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF天栄組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードイヒラニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰厩へ向けての仕上げ中に左トモ脚に腫れが判明。詳しい検査の結果、繋靭帯の不全断裂が判明し、競走能力喪失と診断されました。★ワンダフルラスター | トップページ | シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF天栄組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ