最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 前走がフロックではなかったことを証明するも、前有利の条件・流れではここまで。優先権を逃してしまったのは痛すぎる…。★マンボビート | トップページ | 最後の最後で粘り込む2着馬を交わして2度目の重賞制覇。ただ、レース後に左前第一指骨の骨折が判明しています。☆ゼーヴィント »

2017年7月12日 (水)

前回中京で走った時と比較するとソツなく立ち回れたも、手応えの割に脚が溜まっておらず。コンマ3秒差の8着に敗れる。★ロードセレリティ

Photo_6 ロードセレリティ(牡・高柳)父キングカメハメハ 母ティアドロップス

7月8日(土)中京11R・豊明S・混合・芝1400mに幸Jで出走。12頭立て7番人気で5枠5番から平均ペースの道中を4、5、3番手と進み、直線では中央を通って0秒3差の8着でした。馬場は良。タイム1分20秒2、上がり34秒7。馬体重は4キロ減少の482キロでした。

○幸騎手 「外側に馬が居たのも良かったのかも。事前に聞いていたよりはコーナリングは大丈夫でした。ただ、速い時計が出る割に表面が柔らかい馬場。余力十分に直線を向いたものの、何度かノメっていて・・・。もっとグリップの利くコースの方が持ち味が生きると思います」

○高柳調教師 「終いに切れるタイプとは違うだけに、ある程度のポジションで・・・とジョッキーに伝達。リクエスト通りに運んでくれたものの、決め手を持つ馬に負けてしまいますね。でも、一度は勝ち上がった条件。噛み合えば再びチャンスが訪れるでしょう。ひとまず厩舎へ戻って様子をチェック。番組も確認した上で今後のプランを検討する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は7月13日(木)に千葉・ケイアイファームへ移動して8月12日(土)新潟・新潟日報賞・混合・芝1400mへ向けて態勢を整えます。

○高柳調教師 「脚が上がり気味だっただけに、直線の不利は着順が変わる程では無かったはずです。レース後の部分と暑さの影響で幾らか疲れた感じ。ここで小休止を挟みましょう。すぐに回復が叶うようであれば、短期間で連れ戻して新潟のハンデ競走を考えます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

外へ逃げるシーンが目立ち、競馬にならなかった前々走のトリトンSとは違い、レースの流れに乗った競馬は出来たロードセレリティ。8着に敗れたとはいえコンマ3秒差なので悲観することはないでしょう。

ただ、4角を回ってくる時は幸Jが手綱を引いてコーナーリングに気をつけるシーンもあり、ラスト100mからはしっかり追えていません。馬場を気にした面もあったでしょうが、脚を溜めることが出来なかったのも事実かなと思います。個人的には積極的に中京で使う必要はないのかなと感じました。

レース後のセレリティは疲れよりも暑さが応えている様子。回復が早ければ新潟開催での出走を目指すようですが、新潟の芝1400mは内回りですし、中京コースの二の舞となる可能性が大。無理使いして秋競馬に影響を及ぼすことは避けてもらいたいです。

« 前走がフロックではなかったことを証明するも、前有利の条件・流れではここまで。優先権を逃してしまったのは痛すぎる…。★マンボビート | トップページ | 最後の最後で粘り込む2着馬を交わして2度目の重賞制覇。ただ、レース後に左前第一指骨の骨折が判明しています。☆ゼーヴィント »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードセレリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前走がフロックではなかったことを証明するも、前有利の条件・流れではここまで。優先権を逃してしまったのは痛すぎる…。★マンボビート | トップページ | 最後の最後で粘り込む2着馬を交わして2度目の重賞制覇。ただ、レース後に左前第一指骨の骨折が判明しています。☆ゼーヴィント »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ