最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【動画更新】ケイティーズソレル&ドレーク | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・入厩組) »

2017年6月15日 (木)

4角で先頭に立つ積極策が嵌る。直線も鞍上の叱咤に応えて待望の2勝目。☆ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・池江寿)父ディープインパクト 母インディアナギャル

6月10日(土)阪神12R・3歳上500万下・芝1800mに川田Jで出走。11頭立て4番人気で6枠6番から平均ペースの道中を4、4、1番手と進み、直線では内を通ってタイム差無しで優勝。2勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分45秒8、上がり33秒7。馬体重は4キロ減少の500キロでした。

○川田騎手 「トモの緩さが目立つ状態。返し馬から思うように入って来ませんでした。ゲート裏で入念にダクを踏むと幾らか解消。それで何とかスタートを切れたのでしょう。道中は軽く促しつつ、その上で姿勢を起こしながら・・・と言った感じ。現状では上手くフォームを保たないと難しい部分を残すかも知れません。ペースが遅かったのに加え、瞬発力勝負だと分が悪いかな・・・と。自分から早目に動いて行ったものの、最後まで辛抱してくれましたね」

○池江調教師 「いつもゲートでモサッと。ピリッとさせてから臨んで欲しい・・・と川田騎手に伝えました。スタートが決まった分、好位で運べた格好。普通ならばゴール前で交わされるパターンでも、そこから踏ん張れたのはジョッキーの技量も大きいでしょうね。一叩きの効果で具合も上向き。クラス再編前に勝てれば更に良かったものの、無事に勝利を飾れて一安心です。レース後の状態と番組を確認した上で新たなプランを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

軽く促して先行2頭の後ろ、半マイル標から動き出し、3ハロン標で先頭に並びかけると、直線では抑えたまま先頭に立っていた。そこから踏ん張ってトリオンフの追撃をクビ差抑えた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○池江調教師 「川田騎手からも喉に関しての指摘は特に無し。手術が上手く行った事例かも知れませんね。無事に栗東トレセンへ。変わらぬ様子で過ごしており、厩舎で調整を続ける予定です。約1ヶ月は優位にレース選択可能。その間で目標を定めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後の直線でジリジリ伸びる競馬が続いていたプレミアム。それ故、差し切るのは難しいのかなと見ていましたが、今回は鞍上のファインプレーが光りました。

モサッと出るゲートを五分にこなし、いつもより前目の位置で追走。大型馬で器用な脚を使える馬ではないので、ペースが上がる前に自分から動いて行ったのは大正解。ただ、4角先頭はちょっと早かったと思いますが、ラチを上手に頼っての粘り込み。外から2着馬トリオンフが急追してきましたが、クビ差ほど差が詰まったところで再加速。鞍上の技術+プレミアムの根性で凌ぎ切ってくれました。まあ、川田Jも直線で差されることは覚悟していたでしょうが、最終的に全てが噛み合ったというか嵌りました。

レース後のプレミアムですが、喉の状態を含めて特に異常なし。このまま厩舎に滞在して昇級戦へ臨むようです。

初勝利から1年ちょっとが経過しての2勝目。喉の手術等があって、成績は低迷し、巻き返しは難しいのかなと見ていただけに嬉しいと同時にビックリもしました。“昇級して即通用”は?ですが、相手なりに走れるタイプ。今回のような積極策で渋太さを生かしていって欲しいです。そして何れは1000万下を卒業できるようにプレミアムには頑張って欲しいです。

« 【動画更新】ケイティーズソレル&ドレーク | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・入厩組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードプレミアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【動画更新】ケイティーズソレル&ドレーク | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・入厩組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ