2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 脚元のモヤモヤが重なり、休養が長引く。まだまだ万全ではありませんが、未勝利では能力上位の存在。ここは決めたい1戦。☆ブロードアリュール | トップページ | シルクなお馬さん(手塚厩舎) »

2017年6月25日 (日)

OP特別で恥ずかしい競馬は出来ないも、爪の不安でブランクがありますし、まずはこの馬らしい末脚を見せてくれれば。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

6月25日(日)東京11R・パラダイスS(OP)・混合・芝1400mに池添Jで出走します。6月21日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン69.0-53.1-39.1-13.0 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の内を1秒8追走して同時入線。追い切りの短評は「抜群の脚捌き」でした。発走は15時30分です。

○小島調教師 「6月21日(水)は思い通りに手前を替えられなかった点を除けば、ほぼ完璧と言える内容。息遣いに休養明けらしさを残しますが、先週よりも良くなっているでしょう。1400mの流れには乗せず、脚を溜める予定。次走へ繋がるレースを試みたいです」

≪調教時計≫
17.06.21 調教師 美南W良 69.0 53.1 39.1 13.0 馬なり余力 メイスンウォー(古馬1600万)末強目の内1秒8追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京8日目(06月25日)
11R パラダイスS
サラ 芝1400メートル 3歳上OP 特指 混合 別定 発走15:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ノットフォーマル 牝5 54 江田照男
2 2 ウインガニオン 牡5 57 津村明秀
3 3 ショウナンアチーヴ 牡6 56 内田博幸
4 4 タガノブルグ 牡6 56 大野拓弥
5 5 グランシルク 牡5 56 戸崎圭太
6 6 コスモドーム 牡6 56 柴田大知
7 7 アルマワイオリ 牡5 56 石橋脩
8 8 ダイワリベラル 牡6 57 菊沢一樹
8 9 ロードクエスト 牡4 57 池添謙一

○土明助手 「息遣いは休み明けかなといった感じですが、本数は乗っていますし、久々でも走れる馬ですからね。OP特別では力が上なのは間違いないですし、あとは自分の競馬に徹するだけです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【パラダイスS】ロードクエスト気配上々(サンスポより)

蹄の外傷で昨秋のマイルCS(9着)のあと休養していたロードクエストが、関屋記念(8月13日、GIII、新潟、芝1600メートル)のステップ戦に挑む。

美浦Wコースでメイスンウォー(古馬1600万下)と併せて、馬なりのまま無理をせず、5F69秒9-53秒7-39秒7-13秒5で内から併入した。行きっぷりの良さ、フットワークの軽さに久々の感じはない。

「本数、内容からしてもう息はできている。ただ、夏の本番はマイルの関屋記念だし、1400メートルに合わせた慌てさせるような競馬はさせない」と小島茂調教師。ここも自分の形(後方一気)にこだわるようだ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【パラダイスS】美浦レポート~ロードクエスト

25日(日)に東京競馬場で行われるパラダイスステークス(オープン・芝1400m)に出走予定のロードクエスト(牡4、美浦・小島茂之厩舎)について、追い切り後小島茂之調教師のコメントは以下の通り。

「マイルCSの後は放牧先でゆっくりさせていて、安田記念に向けてどうやって行こうかと相談していた所でしたが、そこで馬がどこかではしゃいだみたいで、爪の上の方を怪我してしまったんです。大事な馬ですし、無理せず、慌てずやりましょうという事で、この時期の復帰になりました。

厩舎に帰って来てからも、変わらないと言えば変わらないですね。相変わらず子供っぽい、やんちゃな面はありますが、それでいてちゃんと我慢出来る所もある、いつものロードクエストという印象です。

この中間は、復帰するレースを決めずに、夏の目標は関屋記念を勝たせる事に置いていました。そこに向けて一度競馬を使うか、使わないかはあくまで馬の状態を考えてということで。関屋記念が目標ではあっても、その前の目標はぼかしながらやってきました。(ここでの復帰については)エプソムカップやこのレース、先週の米子ステークスと選択肢があった中で、ある程度しっかり調教の本数をこなせて、休み明けでもそれなりの状態で使える週に、たまたま1400mのレースがあったという所ですね。ここが馬が一番気持ちよく、力まずに走れるかなと考えて選択しました。

時間をかけて丁寧に調教して来られて、先週末の段階である程度できている感はあったので、今週は微調整程度にしましたが、休み明けとしては良い状態で出せると思います。休み明けで初めての1400mですから様子を見つつという所はありますが、当然期待している馬ですし、期待されている馬ですからね。願わくばきちんと勝つ、という結果を出してくれて、出来れば強い勝ち方をしてくれれば良いな、と思っています」

※ラジオNIKKEI・ウェブサイトより

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マイルCSでは良いところを見られず、失意の敗戦となってしまったロードクエスト。その後は休養にじっくり時間を取り、1から立て直しを進めてきました。そしてそろそろ調教の負荷を高めようとしていた2月。馬房で何らかの拍子で暴れ、自分で右前脚蹄冠部の内側に傷を作ってしまいました。

スポーツ紙では春の始動戦がダービー卿CTと噂されている中、結果的にこの怪我で予定は白紙に。状態が良くても、蹄が伸びるのを待つ必要があり、乗り出してからも焦ることなく慎重を期してきました。今はその怪我の後遺症などもなさそうです。

5月12日に帰厩したロードクエストはひとまず目標を定めずマイペース調整。感触を確かめながら追い切りを重ねてきました。ビシビシとはやられていないも、動きの質はさすが。今夏の最大目標・関屋記念を設定し、検討の結果、OPのパラダイスSから始動することになりました。

芝1400mは初めての距離。ただ、今回はそれを意識せずじっくり脚を溜める競馬になりそう。その中でどこまで上位へ食い込めるか。恥ずかしい競馬はして欲しくありませんが、目標は次なので、勝ちに行くよりもレース内容が重視される1戦です。約7ヶ月ぶりの実戦ですし、まずはクエストらしい末脚を見せてくれればと思っています。また、この休養期間を経て、心身の成長が感じられることを願っています。

« 脚元のモヤモヤが重なり、休養が長引く。まだまだ万全ではありませんが、未勝利では能力上位の存在。ここは決めたい1戦。☆ブロードアリュール | トップページ | シルクなお馬さん(手塚厩舎) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードクエスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脚元のモヤモヤが重なり、休養が長引く。まだまだ万全ではありませんが、未勝利では能力上位の存在。ここは決めたい1戦。☆ブロードアリュール | トップページ | シルクなお馬さん(手塚厩舎) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ