2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【近況】【画像更新】ダイアトニック | トップページ | シルクなお馬さん(4歳牝馬) »

2017年5月 8日 (月)

ゲートを出てすぐに追走に手間取り、ペースアップした2週目・3角でギブアップ。悪いことが積み重なったも、さすがに負け過ぎの4着。★リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

木曜園田10R 兵庫チャンピオンシップ(Jpn2・ダ1870m)8枠11番 木幡巧J

まずまずのスタートから押して行き、道中は好位の4番手を追走、2周目の向正面に入ると追走に手間取り出し、その後はジリジリと上位との差が開く一方で巻き返すことができず、4着でゴールしています。

木幡巧騎手「これまではもっと広いコースでゆったりと追走していき、自分でスッと上がって行く競馬をしていたのが、今日は小回りコースが合わなかったのか追走するのに苦労してしまいました。スタートしてから手応えはあったものの少し追っ付けて行く感じでしたし、2周目の向正面あたりからペースが上がるとそこからはもう付いて行くのに一杯といった感じでした。返し馬の感触はいつも通りゆったり走れていて良い感じでしたし、決して調子落ちというわけではなかったと思います。やはり今回は、初めての地方の小回りコースの展開が合わなかったことが大きかったのだと思います。結果を残すことができず、申し訳ありませんでした」

牧調教師「園田に到着後は予定通り、火曜日と水曜日に運動を行い、落ち着いてレースに向かうことができました。パドックでも落ち着いて周回できていましたし、止まれの合図が掛かる頃には徐々に気合いも乗ってきて、良い状態でレースに向かうことができたと思います。ただ今回は小回りコース特有のラップの速い展開で、リゾネーターにとっては苦しい形になってしまいました。向正面ではペースが上がったのに付いて行けず、逆に離されてしまいましたからね。また今回は間隔が詰まっていましたし、前々走、前走としっかり攻め込んだ分、これまでと比べてそこまで強い追い切りを課さなかったのですが、もっとビシビシ攻めて調整していった方が良かったのかもしれません。この馬の力をそのまま出せれば良い結果を残せると思っていただけに残念で仕方ありませんが、また巻き返せるように仕切り直していきたいと思います。この後は放牧に出して、リフレッシュさせたいと思います」(レース結果)

⇒⇒6日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(6日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競り負けて2・3着に敗れることは想定していましたが、これほど追走に手一杯になるとは正直ビックリ。ゲートを出てからすぐに行きっぷりに余裕がなく、気合をつけながらの追走。コーナーごとに少し外へ振られるようにも見えました。それにしても3着馬から9馬身も離されるとは…。ショックは大きいです。

敗因とすれば、色んな積み重ねだと思います。これまで出走→放牧を繰り返していたのに、今回は厩舎へ滞在しての続戦。伏竜Sは余裕のある勝ち方だと思っていたのですが、目に見えない疲れが残っていたのかな? また、心身の幼さが残る現状。GWの長距離輸送を考慮し、攻めを軽くしたり、早めに園田へ行ったことでレース当日にリゾネーターのヤル気スイッチがONにならなかったのかな? 勿論、園田のような地方特有の小回りに対応する器用さがある馬ではありません。ちょっとしたことが積み重なって、今回のようなドカ負け負けになったんでしょう。着差ほど上位馬と力差があるとは思いませんし。

レース後のリゾネーターは6日にNF天栄へ放牧済。立て直すことになりますが、大井・ジャパンダートダービーは挑戦して欲しいところ。今回敗れた上位馬に新たな強敵が加わるでしょうが、距離が更に延びる+広い馬場はこの馬向き。ダート馬の春の大一番で臆することなく、今回のレースの汚名返上と行きたいです。その為にも、この大敗が精神的に尾を引くことにならないようにケアをお願いします。

« 【近況】【画像更新】ダイアトニック | トップページ | シルクなお馬さん(4歳牝馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)リゾネーター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【近況】【画像更新】ダイアトニック | トップページ | シルクなお馬さん(4歳牝馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ