最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 持ち時計がないので上位進出が叶わない現状。良かった頃のデキでもなく、今回も厳しい結果は免れそうになく…。★ヴィッセン | トップページ | 【動画更新】ドレーク »

2017年4月30日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.543

(京都11R)天皇賞・春(G1)

◎キタサンブラック、○シャケトラ、▲サトノダイヤモンド、△シュヴァルグラン、×レインボーライン、×ディーマジェスティ

昨年のカレンミロティックとハナ差の競馬を考えると、それほど高く評価したらダメなのかもしれませんが、前へ行っての安定感は買える◎キタサンブラック。道中、他馬を威圧するような走りをするので、根性のない馬はその迫力に負けてしまいます。充実している現状を評価したいです。

○シャケトラはキャリア不足な気もしますが、潜在能力はG1級。大舞台で一気に素質が開花しても不思議ありません。また、スタミナ面では◎▲よりは優位な立場でしょうし。稽古も意欲的ですし、狙う価値は十分でしょう。

▲サトノダイヤモンドの実績にケチをつけるところはありませんが、この枠は課題に。人気馬で自分から動いていかないといけない立場ですし。また、ルメールJは大舞台でたまに平凡な騎乗をすることも。それでも勝ち切るのなら、日本では1番の馬でしょう。

△シュヴァルグランは逆転するのは苦しいかなと思うも、この舞台は最適。上手に立ち回れれば、2着があっても不思議ありません。福永Jはソツなく乗って2・3着を目指すのか、勝ちに行く競馬をするのか。注目したいです。

×レインボーラインはひと叩きしての大目標。前走は勿体ない競馬でしたが、最後は目立つ脚で差を詰めてきました。前哨戦とすれば悪くないでしょう。京都へ替わるのはプラス。あとは58キロを克服することができるかどうか。

×ディーマジェスティはこの距離は長そうですが、前走を叩いてかなり良くなっている印象。最強世代のクラシックホース。これだけ人気を落としていれば、押さえたいです。

« 持ち時計がないので上位進出が叶わない現状。良かった頃のデキでもなく、今回も厳しい結果は免れそうになく…。★ヴィッセン | トップページ | 【動画更新】ドレーク »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 持ち時計がないので上位進出が叶わない現状。良かった頃のデキでもなく、今回も厳しい結果は免れそうになく…。★ヴィッセン | トップページ | 【動画更新】ドレーク »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ