2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« 初めてのG1の舞台で力試しの1戦。臆することなく自分の競馬を貫いて欲しい。☆ロードヴァンドール | トップページ | 準OPでの第1戦。好走条件が噛み合えば通用しても不思議ではないも、脆さも残るので、まずは現段階でどこまで能力が通じるか。☆ソーディヴァイン »

2017年4月 2日 (日)

初めてのG1の舞台。追走に苦労するでしょうが、ジタバタせずに末脚勝負に徹して欲しい。少しでも上位へ。☆モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

日曜阪神11R 大阪杯(G1・芝2000m)6枠10番 内田博J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計

手塚師「29日に南Wコースで追い切りを行いました。今週もレースで手綱を取ってもらう内田騎手に跨ってもらい、3頭併せの一番後ろから追走し、最後は内に入れて併入しています。最後はスッと反応していましたし、モンドインテロなりに良い動きを見せてくれましたよ。馬体には張りがありますし、状態は良いと思います。あとは阪神の内回りコースがどう出るかですね。前には付けられないでしょうし、前半は有力馬を前に見ながらじっくり構えて、勝負どころで一緒に上がって行くような形が良いのかなと考えています。メンバーは強力ですが、今の状態でどれだけの走りができるのか楽しみにしています」(3/30近況)

助 手 26南坂良 58.3- 42.2- 27.5- 13.6 馬なり余力
内田博 .29南W稍 69.0- 53.1- 38.3- 13.0 馬なり余力 ウインヴォラーレ(古1000万)直強目の内を1.3秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回阪神4日目(04月02日)
11R 大阪杯(G1)
サラ 芝2000メートル 4歳上OP 指定 国際 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ミッキーロケット 牡4 57 和田竜二
2 2 アングライフェン 牡5 57 岩田康誠
3 3 スズカデヴィアス 牡6 57 藤岡佑介
3 4 ステファノス 牡6 57 川田将雅
4 5 キタサンブラック 牡5 57 武豊
4 6 サクラアンプルール 牡6 57 横山典弘
5 7 サトノクラウン 牡5 57 M.デムーロ
5 8 ロードヴァンドール 牡4 57 太宰啓介
6 9 ディサイファ 牡8 57 四位洋文
6 10 モンドインテロ 牡5 57 内田博幸
7 11 マルターズアポジー 牡5 57 武士沢友治
7 12 アンビシャス 牡5 57 福永祐一
8 13 ヤマカツエース 牡5 57 池添謙一
8 14 マカヒキ 牡4 57 C.ルメール

○手塚師 「放牧を挟んでここは予定通りで、動きや仕上がりはいいです。G1レベルの相手にどこまでやれるか分かりませんが、ペースが速くなって消耗戦になれば」(土曜・競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【大阪杯】(10)モンドインテロ G1初挑戦も平常心で臨む(スポニチより)

モンドインテロは午後1時37分、阪神に到着。藤井助手は「いつもと変わりない雰囲気。意外とおとなしかった」と穏やかな表情。

G2で4、3、3着と堅実に走り、G1初挑戦。3歳の精進湖特別(4着)以来の2000メートルが鍵か。「距離がどう出るかは分かりませんが、どこまでやれるか楽しみ。若い頃から期待された馬。ここでソコソコやれれば、先々も楽しみになる」と前向きだった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OP特別・2勝という結果は残すも、重賞だと入着止まり。どんな条件・相手でも、しっかり競馬をしてくれているのですが、結果はワンパンチ足りません。やはり決め手で劣るというのは否めないところです。常に力は出し切ってくれているのですが…。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。当初は阪神大賞典or日経賞での復帰を目指して立て直してきました。それからまもなく大阪杯が復帰戦の候補に加えられ、どこへ行っても強豪相手なので、それならG1のここへ挑戦しようという運びとなりました。

先月8日に帰厩したモンドインテロはすぐに時計を出し始め、1週前・今週の追い切りは内田Jが感触を確かめてくれています。ビシビシとはやっていませんが、時計・動きは及第点。一息入れて馬体がフックラしているのも好感です。良い状態でこの大舞台に臨めるのは間違いないでしょう。

ただ、今回は更なる相手強化+2000mへの対応がポイント。また、マルターズアポジー・ロードヴァンドールという逃げ馬がいて、レースは平均ペース以上に流れる筈。そうなると、間違いなく最初は追走に手間取り、後方からの競馬を余儀なくされるでしょう。

まあ、それは陣営とすれば、織り込み済みでしょうし、マカヒキなど後方から競馬を進める有力馬の動きに合わせて競馬をしていくことになるでしょう。とにかく前半から勝負どころまで距離ロスに努めて脚を温存してもらえれば。そして徐々に外目へ持ち出し、エンジンを吹かしながら、最後の直線へ。スパッと切れない反面、勢いがつくと最後までジワジワと脚を繰り出してくれる筈。内田Jとは手が合う馬だと思うので、諦めずに追いまくって欲しいです。

現在、単勝万馬券となっていますが、展開を考えても、人気よりも上の着順に来るのは確かでしょう。勝ちに行かず、最後の直線でしっかり脚を使うことに徹すれば、掲示板に載るところまで来るくれないかなあ…。もちろん、それ以上でも。

« 初めてのG1の舞台で力試しの1戦。臆することなく自分の競馬を貫いて欲しい。☆ロードヴァンドール | トップページ | 準OPでの第1戦。好走条件が噛み合えば通用しても不思議ではないも、脆さも残るので、まずは現段階でどこまで能力が通じるか。☆ソーディヴァイン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

モンドインテロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのG1の舞台で力試しの1戦。臆することなく自分の競馬を貫いて欲しい。☆ロードヴァンドール | トップページ | 準OPでの第1戦。好走条件が噛み合えば通用しても不思議ではないも、脆さも残るので、まずは現段階でどこまで能力が通じるか。☆ソーディヴァイン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ