2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« まずは折り合いに専念しての末脚勝負でどこまで通用するかを見てみたい。☆ロードプレステージ | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組) »

2017年4月 9日 (日)

【近況】【画像&動画更新】ダイアトニック

Photo ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間も右トモ膝の状態を考慮した調教メニューにとどめて運動を行っています。先月からウォーキングマシンと並行して、ダルマを装着しての背慣らしを再開いたしましたが、その後、馴致はスムーズに進み、現在はサイドレーンを装着するところまで戻しております。とても賢く大人しいので、ハミの感触を学ぶのも早いですね。このタイミングでは頭頸部の位置を安定させ、ハミ受けのバランスをよくし、頭頚の運動を促すことが重要ですので、念入りに動きが安定するよう馴致を行っています。手術前には鞍をつけて人が跨るところまで進めていましたので、獣医から乗り運動の指示がでれば以前よりもいいフォームで乗り運動を開始できると思います。馬体重は483キロです」(4/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

引き続き、脚元の状態を考慮したメニューにとどめられているダイアトニック。それと併行して、しっかり基礎を教え込む形で馴致を進めています。反抗・戸惑うような素振りはないので、基本的には賢いお馬さんだと思います。

同期の進んでいる馬に入厩の声が届く中、騎乗運動を開始していないダイアトニック。遅れてしまったのは仕方ないですが、この差はやはり大きいですね。

前回の更新では4月くらいから騎乗運動を開始するとのことだったので、次回の更新では予定通りにスタートできていることを今から願うばかりです。

« まずは折り合いに専念しての末脚勝負でどこまで通用するかを見てみたい。☆ロードプレステージ | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ダイアトニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まずは折り合いに専念しての末脚勝負でどこまで通用するかを見てみたい。☆ロードプレステージ | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ