2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« スタートでの立ち遅れが痛かったも、今回も直線でピリッとした脚を使えぬまま10着に終わる。★ブライトクォーツ | トップページ | ペースを見越して早めの進出も、直線で追われてからの伸びが案外。6着に敗れてしまう。★タイムレスメロディ »

2017年2月21日 (火)

変わるなら今回かなと期待したものの、最後の直線で伸びあぐねてしまう。大幅なマイナス体重も響く。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜東京8R 4歳上1000万下(ダ2400m)11着(8番人気) S.フォーリーJ

五分のスタートから中団の内目を追走。4コーナーから追い出されると馬群を縫ってジワジワと脚を伸ばしますが、前との差を詰めることはできず、11着でゴールしています。

S.フォーリー騎手「道中はスムーズに進められましたし、馬の後ろで上手く脚を溜められたと思います。直線に向いてから前をカットされて切り返すロスがあったものの、追ってからは脚を使ってくれました。ただ最後に脚色が鈍ったところを見ると、距離が少し長いのかもしれません」

石坂調教師「マイナス体重でしたが、輸送をするといつもこれぐらい減ってしまいますし、馬体を見てもそれほど細くはなかったと思います。ただ今日は良いのか悪いのか、いつもに比べ大人し過ぎるように感じました。トレセンでの調整も上手くいきましたし、状態は良かったと思います。もう少しやれると踏んで、東京まで連れてきたのですが案外でしたね。乗り役によると距離が少し長いということでした。ただ、長距離戦なので前半はジッとしていたようですけど、ちょっとジッとし過ぎではないでしょうか。段々と位置取りが下がってしまいましたからね。もう少し前のポジションを取りにいっても良かったように思います。この後のことは、レース後の状態をよくチェックしてから考えます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追走に手間取るタイプなので、この長丁場で新味を期待したのですが、最後は内で伸びあぐねることになったヴィッセン。距離が長かったとは思いますが、モタモタした動きが目立ちました。前走でも感じたように年齢を重ねてズブさを増しているのかな? 集中力も欠けているのかもしれません。

また、これまで2戦東京へ連れてきた時はマイナス10キロ以上の馬体減でしたが、3度目になる今回もマイナス16キロ。レース前に懸念していたことが当たってしまいました。確かに数字ほど細くは見せませんでしたが、元気がないように見えました。

レース前は厩舎の有力馬のパートナーを務め、自分自身も良い雰囲気で臨むことが出来た1戦でしたが、この負け方では前走同様に1戦のみでNFしがらき送りが濃厚でしょう。停滞気味の現状から変わるなら、今回かなと淡い期待を持っていたのですが、それは見事に打ちのめされてしまいました。まだまだ老け込む年齢ではないですし、何とかこの停滞から抜け出すキッカケを見出して欲しいです。

« スタートでの立ち遅れが痛かったも、今回も直線でピリッとした脚を使えぬまま10着に終わる。★ブライトクォーツ | トップページ | ペースを見越して早めの進出も、直線で追われてからの伸びが案外。6着に敗れてしまう。★タイムレスメロディ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタートでの立ち遅れが痛かったも、今回も直線でピリッとした脚を使えぬまま10着に終わる。★ブライトクォーツ | トップページ | ペースを見越して早めの進出も、直線で追われてからの伸びが案外。6着に敗れてしまう。★タイムレスメロディ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ