2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(3歳・牧場組) | トップページ | スタートでの立ち遅れが痛かったも、今回も直線でピリッとした脚を使えぬまま10着に終わる。★ブライトクォーツ »

2017年2月20日 (月)

【近況】【馬名決定】シンメイフジの15→ロードザナドゥ

Photo_6 ロードザナドゥ(牡・橋田)父ロードカナロア 母シンメイフジ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。1月31日(火)測定の馬体重は499キロ。競走馬名は「ロードザナドゥ:Lord Xanadu 冠名+理想世界」に決定しました。

○当地スタッフ 「週に1、2本の割合でコンスタントにハロン17、18秒のキャンターを消化。このペースを始めた当初に比べて大分動けるように変わっていますよ。身体に柔らか味が感じられ、やはり良いモノを持っている印象。成長を促しつつ前進を図りましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

父ロードカナロアの産駒デビューを盛り上げる為、ケイアイF産のカナロアっ仔も何頭かは6・7月のデビューを目指すことになるでしょうが、それらと一線を画す感じなのがシンメイフジの15ことロードザナドゥ。元々、馴致に取り掛かるのが最後の組だったのもありますが、牝馬の中でも始めているハロン15秒の調教は行っておらず。もう少し今のペースで体力づくりといったところでしょう。

調教動画を見ると、トモがパンとしていない分、体が起きてなく、ハミに頼った走り。これは改善しなければなりません。ただ、そういう状態でも坂路を駆け上がってくる姿はなかなかのモノ。併走馬のレディルージュを煽る感じで迫力ある動きを見せています。

ロードセレリティの復帰で更に厩舎の不人気ぶりは高まったとは思いますが、順調に育って全体的な緩さが解消してくれれば、かなりの活躍が見込めると思っています。やはり父の血がよく出ているのは魅力的でなりません。

« シルクなお馬さん(3歳・牧場組) | トップページ | スタートでの立ち遅れが痛かったも、今回も直線でピリッとした脚を使えぬまま10着に終わる。★ブライトクォーツ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードザナドゥ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(3歳・牧場組) | トップページ | スタートでの立ち遅れが痛かったも、今回も直線でピリッとした脚を使えぬまま10着に終わる。★ブライトクォーツ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ