最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 今週の出走馬(1/21・22) | トップページ | ロードなお馬さん(4歳馬) »

2017年1月21日 (土)

開催中止による順延など厳しい条件の中、大崩れなく力を出し切ってくれたことは満足。重賞制覇は次走以降に改めて期待。☆モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

日曜京都11R 日経新春杯(G2・芝2400m)3着(4番人気) V.シュミノーJ

まずまずのスタートを決めると、道中は内に入れて6番手あたりで脚を溜めていきます。3コーナーあたりから前を窺いに行き、直線に入ってから懸命に前を追いましたが、上位馬に詰め寄ることが出来ずに3着でゴールしています。

V.シュミノー騎手「返し馬はとてもリラックスして行えましたし、積雪の為に順延した影響もなく、いい雰囲気で競馬に向かうことが出来ました。前半は内目に入れて追走し、3コーナーあたりから促しながら上がっていきました。長く脚を使って頑張ってくれていたので、上位馬2頭に詰め寄ることが出来ると思いましたが、緩い馬場の影響から伸び切れませんでした。レッドエルディストをハナ差しのいでくれたように、最後まで諦めずに頑張ってくれましたし、パンパンの馬場ならこの馬本来の末脚を活かしてもっと差を詰め寄ってくれたと思います」

手塚調教師「土曜日に京都競馬場に到着して日曜日の朝に中止が決まりましたが、当日は厩舎周りの運動だけ行いました。月曜日ではなく火曜日に順延となってしまったので、月曜日に京都競馬場で馬場入り出来なければ投票するのをやめようかと思いましたが、持ち乗りスタッフが帯同していましたし、馬場入りも許されたので競馬場で鞍を借りてキャンターを行いました。そしてレース当日を迎えましたが、いつもに比べると若干イライラしていたくらいで、日程変更にもそれなりに対応することができました。レースはジョッキーもほぼ理想的に乗ってくれましたし、最後は緩んだ馬場と斤量が堪えて止まってしまいました。今後は馬の様子を見てからになりますが、ハンデ戦を使うと重賞を勝ってもいないのになぜか背負わされてしまうので、別定の阪神大賞典か日経賞を目標にすることになると思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

軽く促して中団。折り合いは全く問題なく、道中はマイペースで追走。3角から早めに気合をつけて差を詰めに行き、直線入り口でシャケトラの外へ。上位2頭が追い出した時にサッと離され、その差がなかなか縮まらなかったが、レッドエルディストの追撃は紙一重で凌いで3着。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/21日(土)に福島県・NF天栄へ放牧予定
・次走予定:3月19日の阪神・阪神大賞典(G2)か、3月25日の中山・日経賞(G2)

手塚師「レース後も脚元を含めて大きな問題はありませんが、予定通り一旦放牧に出したいと思います。最後詰め寄ることができなかったのは馬場が渋った分と、やっぱりハンデが重かったことが影響したのだと思います。それに前走長距離を使って距離を短縮した際には往々にして見られることですが、ステイヤーズステークスを走ったことで、レースリズムの違いから前半の行きっぷりがあまり良くありませんでしたね。この後は、阪神大賞典か日経賞を目標に調整していきたいと考えています。21日に天栄へ放牧に出す予定です」(1/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【日経新春杯】3着モンドインテロ 悲願の重賞Vはまたもお預け

関東馬のモンドインテロは直線外から伸びて3着。悲願の重賞制覇はまたも“お預け”となった。初コンビのシュミノーは「折り合いは付いたし完璧なレースができた」と満足げ。道中はインでため、直線に入って外に出したが「切れ味を出すには馬場が軟らかかったかな」と雪解けのやや重馬場を敗因に挙げていた。(スポニチより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

雪による開催中止⇒順延、道悪馬+ハンデとモンドインテロには辛い条件が揃ってしまいました今回のレース。終わってみれば、いつものように重賞ではワンパンチ足りない結果となってしまいましたが、厳しい条件の中、力は出し切ってくれたと思います。

初騎乗となったV.シュミノーJはソツのない騎乗。個人的な理想を言えば、ミッキーロケットあたりの位置で競馬ができればベストなんですが…。まあ、位置取り以外は完璧だったと思います。直線で追い出された時、一瞬捕まえそうな感じはあったのですが、そこから上位2頭に突き放され、その差が最後まで縮まりませんでした。モンドインテロは重賞レベルの馬ですが、上位2頭はG1を狙っていける素材。それがこの着差なのかなと思います。

レース後のモンドインテロですが、相応の疲れはあるようですが、大きな問題はなさそう。早速次走に阪神大賞典or日経賞が候補に挙がっています。そしてその先は天皇賞・春となるのかな? 個人的には中山の日経賞で次走はお願いしたいです。

重賞でも堅実に駆けてくれているモンドインテロ。コツコツと地力を付けていってくれているのでしょうが、正攻法の競馬では現状が精一杯。スタートは速くないですが、逃げ~2番手ぐらいの積極策で持久力を生かす競馬を1度試して欲しいです。それか逆に脚を出来るだけ溜めて溜めて、終い勝負に徹する競馬をするか。これからワンランクアップするには、メリハリのある競馬をする必要があると感じています。

« 今週の出走馬(1/21・22) | トップページ | ロードなお馬さん(4歳馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

モンドインテロ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ