最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組) | トップページ | 1日に美浦・尾関厩舎へ戻っています。☆リミットブレイク »

2016年12月 4日 (日)

1日に栗東・奥村豊厩舎へ戻っています。☆ロードギブソン

Photo_3 ロードギブソン(牡・奥村豊)父トーセンホマレボシ 母ハイランドカクテル

2016.12.01
12月1日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○奥村調教師 「ようやく右後脚飛節の具合も安定し、最近は順調に乗り込めていた様子。12月1日(木)に厩舎へ戻していますよ。ある程度の状況までは伝え聞いているものの、ちょっとブランクが生じたのは確か。まずは実際に跨って感触を確かめましょう」

2016.11.29
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。12月1日(木)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「コンスタントに15-15を消化しながらも、食欲に減退傾向は窺えませんでした。引き続き、脚元の状態が落ち着いているだけに、スムーズにトレセンの追い切りに対応できるでしょう。11月30日(水)に出発予定。復帰戦を楽しみに待っています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7月の中京戦以来、レースから遠ざかっているロードギブソン。その要因となった右後脚飛節の腫れがなかなか収まらず、我慢強く調整を続けてきました。今も完全に腫れが治まったとは言えないようですが、普通キャンターを乗り出した頃から反動が出ることはなかったですし、先月一杯は15-15の調教をしっかりこなしてきました。

その良い流れに乗って、ギブソンは1日に栗東・奥村豊厩舎へ帰厩。千葉からの輸送によるトラブルはなかったですし、これから3戦目に向けて態勢を整えていってくれることでしょう。

前走からレースは開いてしまいましたが、前走が嫌な負け方だっただけに精神面でのリセット・リフレッシュには良い期間になったかと思います。また、幼さが残っていたので、ひと夏を越して、幾らかでも大人になって来たことでしょう。デビュー戦で3着に頑張ってくれたように力は持っている馬。早期に1勝できるようにお願いしたいです。

« シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組) | トップページ | 1日に美浦・尾関厩舎へ戻っています。☆リミットブレイク »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードギブソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組) | トップページ | 1日に美浦・尾関厩舎へ戻っています。☆リミットブレイク »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ