2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組) | トップページ | 初めての障害戦は色々と経験させながら無事完走。次走ではもう少し積極的に進めてどこまでやれるか。★リミットブレイク »

2016年12月27日 (火)

左後脚飛節の回復に時間を要する為、JRAの登録を抹消して繁殖入りすることになりました。★ベルフィオーレ

Photo_6 ベルフィオーレ(牝・藤原英)父ディープインパクト 母ワンフォーローズ

千葉・ケイアイファーム在厩。引き運動30分。牝馬の引退期限が差し迫った状況を踏まえて今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間、ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○当地スタッフ 「先週と比べて大きな変化は無し。左後脚飛節の腫れが引かず、回復に時間を要しています。クラブの規定により、現役生活の期限は6歳3月。それまでに出走態勢を整えるのは難しいでしょう。協議の結果、登録を抹消する方針に。繁殖牝馬として良い仔を産んで欲しいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後、フレグモーネの症状から飛節に腫れが認められたベルフィオーレ。先週の更新から回復傾向にあるかと思ったのですが、完治して次走へ態勢を整えるには相応の時間が必要とのこと。来年3月で牝馬の引退期限となることもあり、一足先にJRAの登録を抹消することに。今後は北海道で繁殖入りすることになりました。

レディアルバローザ以来の母ワンフォーローズへの出資。ロードと厚いパイプを持つ藤原英厩舎が預託先になったこともあり、かなりの活躍を見込んでいました。しかしながら現実は想像と全く違うものに。芝では切れる脚を使えずじまい。一時期は未勝利勝ちすら難しいように思いました。ダートへ転じて少し息を吹き返したベルフィオーレでしたが、精神面の脆さがネックとなり、1000万下の壁を破ることは出来ませんでした。ダートの追い込み馬として早くから育てていれば、ちょっと将来が違ったのかもしれませんが、致し方ありません。

既に繁殖入りしているレディアルバローザ、キャトルフィーユには遠く及ばない成績に終わりましたが、ポテンシャルは秘めていたので次のステージ(繁殖)で負けないように頑張ってもらいたいです。個人的には活躍した出資牝馬の仔よりも今イチの出資牝馬の仔で夢を見たい気持ちが強いです。それ故、ベルフィオーレの仔には何頭か出資したいなあと思っています。ベルフィオーレ、お疲れ様でした。

« シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組) | トップページ | 初めての障害戦は色々と経験させながら無事完走。次走ではもう少し積極的に進めてどこまでやれるか。★リミットブレイク »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ベルフィオーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組) | トップページ | 初めての障害戦は色々と経験させながら無事完走。次走ではもう少し積極的に進めてどこまでやれるか。★リミットブレイク »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ