2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 22日に栗東・西村厩舎へ帰厩しています。☆ソーディヴァイン | トップページ | 【画像&動画更新】シルクユニバーサルの15 »

2016年11月25日 (金)

京都・外回りの坂の下りでリズムを崩すも、当日のデキを含めて現状ではこれぐらいが精一杯かも。★ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

11月20日(日)京都11R・マイルチャンピオンシップ(G1)・国際・芝1600mに池添Jで出走。18頭立て6番人気で2枠4番からハイペースの道中を18、15、14番手と進み、直線では最内を通って0秒5差の9着でした。馬場は良。タイム1分33秒6、上がり34秒8。馬体重は2キロ減少の450キロでした。

○池添騎手 「返し馬から良い雰囲気だったと思います。並んでも全くムキにならずに馬の後ろでバッチリ折り合いが付き、道中は溜められるだけ溜める形。一気に脚を使わせないように意識しながら坂の下りで少し仕掛けると、ちょっとモタ付いて直線でも弾けてくれずに最後までジリジリ・・・と言った感じでした。逃げ切りで決まったようにコースの内側の状態は悪くなかったはず。結果が出せずに残念だったものの、潜在能力を考えるとG1を狙える存在なのは確かでしょう」

○小島調教師 「振り返っても今日はインを突くしか無かった感じ。外を回った場合にはゴチャ付いたところに巻き込まれたか、他に抜け出すスペースも見付からないでしょう。現時点ではトモが発達途上で内に切れ込んで加速するような脚は使えず、勝った際のように大きく外へ振る形が望ましいのかも知れません。もう一回り成長させた上で、来年に再びG1へ挑戦したいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

少しテンションが高かった。ゲートをゆっくり出して最後方から。脚をタメ、枠なりに内々を距離損なく通って直線はラチ沿いを進んだが、追われても反応できずサッパリ伸びなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。11月23日(水)に栗東トレセンを出発。今後は11月24日(木)に美浦トレセンへ移動、その後に千葉・ケイアイファームへ移動して冬以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○小島調教師 「G1に手が届かず残念。秋3戦を終えて身体に相応の疲れが感じられるだけに、将来の為にも年内は休養させた方が良いでしょう。11月24日(木)に美浦トレセンへ戻って来るスケジュール。こちらでの様子を十分確認した上で放牧へ出す予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

直線で内を突いてくるのはイメージしていたのですが、皐月賞を思い起こさせるような案外な伸び。初体験の京都・外回りの坂の下りでリズムを崩してしまったのが痛かったです。まあ、それでも当日のデキ(テンション高め+状態下降線)、スタートをフワッと出しても、幾らか引っ掛かっていたので、外を惰性をつけて回ってきても、着順・結果にそう違いはなかったと思います。

潜在能力は相当なものがあると思いますが、心身の成長がまだまだ未熟。馬体は10キロ以上増やしたいですし、落ち着きがもっと出てきてもらわないといけません。まずは精神面でのリフレッシュを図り、1から立て直すつもりで取り組んで欲しいです。

冬毛が伸びるのが早いように、寒い時季より暑い時季の方が良いタイプ。ひと叩きして安田記念に臨むローテで個人的には良いのかなとも思います。

« 22日に栗東・西村厩舎へ帰厩しています。☆ソーディヴァイン | トップページ | 【画像&動画更新】シルクユニバーサルの15 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードクエスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 22日に栗東・西村厩舎へ帰厩しています。☆ソーディヴァイン | トップページ | 【画像&動画更新】シルクユニバーサルの15 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ