2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ワンパンチ足りないのは相変わらずも、距離ロスのない立ち回りで渋太く3着に滑り込む。☆ヴィッセン | トップページ | 喉の手術効果で坂路で好時計を連発。来週の復帰戦が今から楽しみ。☆ソーディヴァイン »

2016年9月15日 (木)

終わってみれば、結果の出てなかった右回りで古馬を完封。やはりマイルの舞台が合います。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

9月11日(日)中山11R・京成杯オータムH(G3)・国際・芝1600mに池添Jで出走。15頭立て1番人気で5枠10番から平均ペースの道中を12、10、10、6番手と進み、直線では大外を通って0秒1差で優勝。3勝目を飾りました。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分33秒0、上がり34秒2。馬体重は2キロ増加の452キロでした。

○池添騎手 「イイですね。ほぼ完璧な内容だったでしょう。前が残り易い開幕週だけに勝ちを意識して早目に動く形。ゴーサインを送ってからの反応が抜群で、最後は力で相手を捩じ伏せる競馬ができました。春と比べて落ち着きがあり、精神的にも楽なのかモタれる面を見せていません。ただ、他馬と並んでいると負けん気の強さを出して噛んだ部分を踏まえると、もう少し我慢することを覚えてくれれば更に良さそう。この時は行って、この時は抑えて・・・と一戦毎に乗り方を変えるよりも、年内はマイル路線に定めて終いの脚の使い方を教え込むのが望ましいと思います」

○小島茂調教師 「少し掛かった・・・とジョッキーは振り返っていたものの、それ自体は大きな部類とは異なるはず。実際に一度見せた後は落ち着いていた・・・とも語っていました。休養明けを使った次走はそのような面も解消されて更に乗り易くなるでしょう。直線でスムーズに手前を替えるなど、稽古で取り組んでいた課題に対して考えていた通りの答えが出たと思います。これで負けたら仕方が無いと言えるレース運びで右回りを克服。今日は歯軋りをする部分を覗かせていただけに、厩舎に戻ってからしっかりと落ち着かせて新たな目標へ向かいたいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

気合乗り抜群。キッチリ仕上がっていた。1馬身ほど出遅れたが、慌てず後方の外目を追走。3ハロン標からスパート、抑えたまま直線入り口で射程圏へ取りつき、サッと左手前に替えて抜け出す。最後は2着馬の追撃をキッチリ抑えて快勝。モタれる面も見せなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3歳世代屈指のマイラーが古馬を撃破! ロードクエスト小島茂師「次に向けて満足できる内容」(競馬ラボより)

競馬の暦は秋となったが、日曜日の中山メインはサマーマイルシリーズの最終戦となる京成杯AH。シリーズチャンプを巡る争いに加え、秋のG1を睨んだ実力馬が顔を揃えた興味津々の一戦は、3歳のNHKマイルC2着馬ロードクエスト(牡3、美浦・小島茂厩舎)が歴戦の古馬を破り、昨年の新潟2歳S以来となる重賞2勝目を挙げた。

ピークトラムが押してハナへ。ロードクエストはスタートで後手を踏むが、行き脚が付いてからは抜群の手応えで中団のポジションをとる。4コーナーを迎えても楽な手応えのまま、先行勢を射程圏に入れると、直線一気の伸び脚で古馬を撃破。2着カフェブリリアントとは半馬身差だったが、着差以上に強さを感じる内容で、小島茂之調教師も「右回りも克服してくれました。手前の替え方や上がっていくタイミングも抜群でしたね。もっとじっくり乗るのかなと想像していたのに、ジョッキーはこれで負けたら仕方がないという乗り方をしてくれました。少しかかったと話していましたが、馬もよく対応しましたよ。ハンデ戦ですので、もっと離してほしい気持ちがあっても、乗り手は十分だと評価していましたし、次に向けて満足できる内容です」と、その勝ちっぷりに合格点を与えた。

これでマイル戦は4戦3勝、2着1回。堂々とマイルCSの有力候補に名乗りを上げた。「春当時と比べ、乗った感触が違い、成長を感じています。そのうえ、調教を重ねて良くなっている。レースを重ねれば、もっと乗りやすくなるでしょう。今後はマイル路線を歩ませます。富士Sを使い、マイルCSへと臨む方向です」とG1を見据えたローテーションを発表。

「昨晩は、プロ野球のカープ戦を観にいっていたんですよ。別にカープファンではないのですが、両親は広島出身ですからね。こちらもカープ優勝のいい流れに乗れました。きょうも喜んでいるでしょうし、いい親孝行ができましたよ」と人馬ともにリフレッシュが出来たようだ。

マイル路線には安田記念を制したロゴタイプがいるが、絶対王者モーリスは天皇賞に進む予定で、メジャーエンブレムは休養中。1年ぶりの重賞勝利で蘇った大器に絶好のチャンスが訪れた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月22日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに池添騎手で予定しています。

○小島調教師 「レース後の当たり前の疲労が感じられるぐらいで、脚元を含めて特別に変わった点は無し。飼い葉もしっかりと食べていますよ。厩舎に置いたまま調整を続け、富士S(G3)からマイルCS(G1)へ向かう計画。9月15日(木)から軽く乗り出す予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

実績のなかった右回りで古馬相手に好結果を出せる良いイメージはなかったのですが、終わってみれば、まさに着差以上の完勝劇。勝負どころで前へ取り付き、4角手前で前を射程圏に。追ってから外へモタれるところはありましたが、スッと先頭に立つと余力たっぷりに後続を完封してくれました。

今回のレースで改めてマイルへの高い適性を証明。春から馬体面で大きく変わって来たところはありませんが、この馬なりの成長はあり、春の疲れが抜けたことで精神的に余裕が出た感じ。1度使ったことで良い意味でガス抜きが出来るでしょうから、次走では更なる落ち着きが期待できそうです。

今後は富士SからマイルCSへ向かう予定。まだまだ対戦していないマイルの強者はいますが、能力的にそう見劣ることはない筈。大目標のマイルCSは関西への長距離輸送が鍵になりますが、直線平坦で軽い芝はクエストにはプラス材料。切れ味が増してくれると思います。また、小島茂厩舎なので、富士Sを使った後、栗東に滞在してマイルCSを目指すことも考えているかもしれません。

1年以上勝利から遠ざかっていましたが、その鬱憤を晴らすかのような今回の勝利。歩むべき道がハッキリ見えましたし、クエストには大きな転機となりました。まだまだ走りに課題は残しますが、それが解消されてくれば、G1獲りにグッと近づいてくれると思います。

« ワンパンチ足りないのは相変わらずも、距離ロスのない立ち回りで渋太く3着に滑り込む。☆ヴィッセン | トップページ | 喉の手術効果で坂路で好時計を連発。来週の復帰戦が今から楽しみ。☆ソーディヴァイン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードクエスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワンパンチ足りないのは相変わらずも、距離ロスのない立ち回りで渋太く3着に滑り込む。☆ヴィッセン | トップページ | 喉の手術効果で坂路で好時計を連発。来週の復帰戦が今から楽しみ。☆ソーディヴァイン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ