2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« レース運びに注文は付くも、得意の暑い時季を迎えて体調はグングン上昇中。大駆けがあっても…。☆ベルフィオーレ | トップページ | 初めての長距離輸送+レース展開が鍵になるも、前走後も緩めず鍛えることが出来たのは好感。その成果に期待して。☆ロードヴァンドール »

2016年7月 3日 (日)

山藤賞の走りが出来れば、ここでも十分通用する筈。ただ、ゲートに課題を残すだけに最内枠が仇にならなければ。☆ゼーヴィント

Photo ゼーヴィント(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

日曜福島11R ラジオNIKKEI賞(G3・芝1800m)1枠1番 戸崎J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで29日に時計

木村師 「追い切りは前2頭を追走し、直線は内に入れる形で行いました。調教の動きはいいですよ。右トモの疲れもあることはありますが、いつもに比べて特に気になるということはありません。ただ先週も申し上げましたが、山藤賞、プリンスパルステークス時のような活気が戻ってきていないと感じているのが正直なところです。でもそれが競馬に影響するかどうかは分からないですし、能力だけならここでも通用すると思っています」(6/30近況)

助 手 26南坂稍 54.7- 39.7- 25.7- 12.4 馬なり余力
助 手 29南W重 87.4- 70.7- 54.8- 40.4- 12.7 馬なり余力 シュペルミエール(古500万)馬なりの内を0.7秒追走0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回福島2日目(7月3日)
11R ラジオNIKKEI賞(G3)
サラ 芝1800メートル 特指 国際 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ゼーヴィント 牡3 54 戸崎圭太
1 2 キングハート 牡3 52 嘉藤貴行
2 3 アップクォーク 牡3 53 柴山雄一
2 4 ジョルジュサンク 牡3 56 田辺裕信
3 5 ストーミーシー 牡3 56 江田照男
3 6 ダイワドレッサー 牝3 53 石川裕紀人
4 7 ミライヘノツバサ 牡3 53 内田博幸
4 8 トモトモリバー 牝3 50 丸田恭介
5 9 カープストリーマー 牡3 53 中谷雄太
5 10 ナイトオブナイツ 牡3 54 松山弘平
6 11 ミエノドリーマー 牡3 53 蛯名正義
6 12 ロードヴァンドール 牡3 53 四位洋文
7 13 ピックミータッチ 牡3 53 杉原誠人
7 14 カネノイロ 牡3 52 田中勝春
8 15 アーバンキッド 牡3 56 福永祐一
8 16 ブラックスピネル 牡3 57 武豊

※緑字は他クラブ出資馬

○木村師 「前回はスタートで後手を踏んだが、直線はしっかりと伸びた。短期放牧を挟んで精神面が成長。どっしり構えられるようになったね。2走前の内容から小回りは問題ないし、斤量差を生かせれば上位争いになってもいいはず」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【ラジオN賞】ゼーヴィント静かな闘志(デイリースポーツ)

闘志を内に秘め、ゼーヴィントが29日、美浦Wで最終リハを行った。シュペルミエール(3歳500万下)を4馬身、スペシャルタイム(3歳未勝利)を6馬身追走。4コーナーを回ると直線では僚馬2頭の内へ。手綱を押さえたままでも活気は十分。小気味良いフットワークで駆け抜け前者には1馬身遅れ、後者と併入した。時計は5F70秒8-40秒5-13秒4。

「今までは競馬でも調教でも、馬が勝手に走ってしまうところがあった。中間は気性の修正に努め、乗り手の言うことを聞くようになっている」と木村師はうなずく。同所で5F66秒8-12秒3の好時計をたたき出した1週前追い切りと比較しても「きょうの方が内容は濃い」と胸を張った。

「コンスタントに使っており、さすがにフレッシュさはないけど」と指揮官は前置きしつつも「まだ先のある馬だと思っているから。いい夏休みになるようにしたい」。まずは重賞初Vを決めて秋の飛躍につなげる。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日本ダービーへの最終切符を狙いに行った前走でしたが、ゲートで痛恨の出遅れ。終わってみれば前有利の展開でしたし、前々走のような競馬が出来ていれば、勝ち馬に肉薄できていたんではないでしょうか。まあ、それでも後方から差を詰めてきたのはゼーヴィントぐらいですし、改めて力を証明する走りだったと思います。勿体ないレースでしたが、今後への期待は更に高まりました。

前走後はNF天栄へリフレッシュへ出して、ここを目標に調整。トモに疲れが出やすい馬ですが、そういうこともなし。この厩舎とすれば少し早めに戻して態勢を整えてきました。

状態に関しては、それなりの時計をマークして悪くない仕上がり。ただ、500万下→プリンシパルSと短い間隔の中で激走を繰り返した疲れが残っている模様。ピリピリしていないのは精神面の成長かもしれませんが、疲れや暑さが応えているのかなと想像します。

レースでの注目はまずは何といってもゲート。五分に出れるかどうかで結果は大きく違ってくるでしょう。その辺は戸崎Jの手腕でまかなって欲しいですが、最内枠を引き当ててしまったのは少し運のなさを感じます。

まあ、それでも中山巧者+母の福島実績からコースへの適応力は備えている筈。勝負どころからしっかり加速することが出来れば。直線で併せる形になれば根性を発揮してくれる馬。山藤賞の再現が出来れば、嬉しい結果が付いてきてくれるような…。あとは雨の影響が少ないことを願っています。

« レース運びに注文は付くも、得意の暑い時季を迎えて体調はグングン上昇中。大駆けがあっても…。☆ベルフィオーレ | トップページ | 初めての長距離輸送+レース展開が鍵になるも、前走後も緩めず鍛えることが出来たのは好感。その成果に期待して。☆ロードヴァンドール »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ゼーヴィント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース運びに注文は付くも、得意の暑い時季を迎えて体調はグングン上昇中。大駆けがあっても…。☆ベルフィオーレ | トップページ | 初めての長距離輸送+レース展開が鍵になるも、前走後も緩めず鍛えることが出来たのは好感。その成果に期待して。☆ロードヴァンドール »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ