2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(4歳・牧場組) | トップページ | 初めての左回りに戸惑った追走。直線でもピリッとした脚は使えず4着確保が精一杯。★ロードセレリティ »

2016年7月28日 (木)

シルクなお馬さん(5歳・牧場組)

Photo_3 インストレーション

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルと週2回は坂路コースで14-13、週1回は14-14

天栄担当者「右前球節の腫れはまだ少し残っていますが、その後も痛みは出ないですし、こちらは問題ないでしょう。それよりも注意すべきは左前の繋靭帯で、今のところは大丈夫ですが、これから競馬に向けてピッチを上げていくことになるので、今後もケアを続けていきます。馬体重は555キロです」(7/22近況)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでハッキング、キャンター

厩舎長「蕁麻疹の症状も、もう心配ありませんし、乗り出してからは順調そのものです。調教師が状態を確認したところ、このまま体調が上向いて行くようであれば新潟開催も視野に入れて検討したいと仰っていましたので、徐々にピッチを上げてどのタイミングで戻せるか判断したいと思います。馬体重は491キロです」(7/22近況)

Photo ヴォルケンクラッツ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン調整

厩舎長「調教師と相談をして、頭を上げない様にネックストレッチを着用して改善を図っていくことにしました。これまでの中ではトモがだいぶしっかりしてきた印象を受けていたので、いい形で送り出すことが出来たと思っていましたが、前走の競馬を見る限り、トモが苦しかった時のことを覚えていて楽に走ろうとしているのかもしれませんね。なるべく調教でそのあたりを少しでも解消できるように心掛けていきたいと思います。馬体重は565キロです」(7/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インストレーションは乗り込みを進めている一方で、脚元の不安はまだまだ付き纏います。反動・疲れが出ない内に、早めに帰厩して欲しいところですが…。トレッドミルを多めにすることで馬体重を絞っていって欲しいです。

ヴィッセンは蕁麻疹が癒え、再度上昇傾向。順調に行くなら夏の新潟参戦を考えているようですが、個人的には無理をせず、相性の良い阪神に備えて欲しいです。カーブのきつい新潟のコースは合わないでしょうし。

ヴォルケンクラッツはネックストレッチを着用して頭の高い走りを矯正中。フォームの改善で力強さが戻ってきて欲しいところ。また、気持ちの課題も残るでしょうから、パートナーを設ける形で調教を進めて行って欲しいです。

« シルクなお馬さん(4歳・牧場組) | トップページ | 初めての左回りに戸惑った追走。直線でもピリッとした脚は使えず4着確保が精一杯。★ロードセレリティ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

(引退)ヴォルケンクラッツ」カテゴリの記事

(引退)インストレーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(4歳・牧場組) | トップページ | 初めての左回りに戸惑った追走。直線でもピリッとした脚は使えず4着確保が精一杯。★ロードセレリティ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ