2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルク&ロードなお馬さん(2歳・入厩組) | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・入厩組) »

2016年7月17日 (日)

不調の要因・太目残りが解消できておらず。少頭数+洋芝で前進を図りたいが…。★ジューヴルエール

Photo ジューヴルエール(牡・池添学)父ディープインパクト 母マチカネタマカズラ

日曜函館12R 北海ハンデキャップ(芝2600m)4枠4番 北村友J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日に函館Wコースで追い切り

池添学師「13日に北村友一騎手に感触を確かめてもらいました。ロッテンマイヤーと併せて反応を確かめる程度で行いましたが、ジョッキーの話ではトモが緩く、ハミをしっかり取って走らなかったようです。体調そのものは担当者から前回より良くなっていると聞いていますので、今回の追い切りで感触は掴んでくれたはずですから、気を抜かせないようにしっかり騎乗してくれれば力は発揮してくれるはずです」(7/14近況)

助 手 10函W良 56.8- 41.0- 13.6 馬なり余力
北村友 13函W良 70.4- 55.4- 41.0- 13.0 馬なり余力 ロッテンマイヤー(古1600万)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回函館4日目(7月17日)
12R 北海ハンデキャップ
サラ 芝2600メートル 3歳上1000万下 指定 混合 ハンデ 発走16:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エアカーディナル 牡5 53 藤岡佑介
2 2 バイタルフォルム 牡6 54 吉田豊
3 3 ピュアソルジャー 牡6 53 原田和真
4 4 ジューヴルエール 牡6 55 北村友一
5 5 デンコウインパルス 牡4 57 松岡正海
6 6 アルカサル 牡3 53 吉田隼人
6 7 ミッテルレギ 牡3 52 池添謙一
7 8 ギブアンドテイク せ5 54 丹内祐次
7 9 ケルンダッシュ 牡4 55 岩田康誠
8 10 トウキョウタフガイ 牡5 54 浜中俊
8 11 サブライムカイザー 牡4 57 内田博幸

○寺田助手 「体調がいい分、体は絞り辛いが、調整は順調。洋芝は大丈夫なので、今週のひと追いでもうひと絞りがあれば」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1000万下に上がってまもなく連続して3着に入るなど、クラス突破のメドを立てたジューヴルエール。このまま地道に力を付けていってくれれば3勝目も近いかなと思ったのですが、今年になってからの成績が冴えず。まあ、その中で鬼門の京都・外回りのレースが2度あったんですが、レース内容が褒められたものでなく。今にして思えば、冬場はじっくり立て直してきたのですが、状態自体がそんなに良くなかったからなのかなと思います。

不調の原因として、太目残りが挙げられます。体調そのものは悪くないのですが、馬体を持て余し気味。追い切りの本数はやっているのですが、ビシビシやれいないのも事実。それが影響しているのかな? 今回もレース前のコメントを見る限り、大きく絞れてきた雰囲気はなく。滞在競馬の分、逆に増えているかもしれません。そうなると、レースでの巻き返しは難しそう。

あとは11頭と手頃な頭数、洋芝に活路を見い出すしかありません。ただ、このクラスを勝っている馬が2頭出ていますし、伏兵陣も伸びシロがありそう。これらに食い込んでいく勢いがないだけに結果を求めるのは難しそう。

今回に関しては、幾らかでも復調気配が窺えれば、良しとしようかなと思っています。

« シルク&ロードなお馬さん(2歳・入厩組) | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・入厩組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ジューヴルエール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルク&ロードなお馬さん(2歳・入厩組) | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・入厩組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ