2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 【動画更新】インペリオアスール&ブライトクォーツ | トップページ | 勝ち馬の大駆けに遭うも、レース内容は更に良化。次こそは決めて欲しい。★ロードセレリティ »

2016年6月 1日 (水)

上位3頭には少し離されるも、最後まで渋太く伸びて4着。この馬なりに頑張っています。☆ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜東京12R 4歳上1000万下(ダ1600m)4着(6番人気) 木幡巧J

押して中団に付け、道中は10番手あたりを追走、残り800m付近から促して前を窺い、直線で馬群の中から脚を伸ばすと、上位には届かなかったもののまずまずの脚を見せて追い上げ、4着でゴールしています。

木幡巧也騎手「石坂先生から積極的に運ぶように指示が出ていたので、スタートしてから押して行きました。乗っていて最後に脚を使ってくれそうな雰囲気を感じていたので、あまり離されないように気合いを入れながら追走していきました。直線は馬群の間を捌く形になってしまいましたが、思った通りよく脚を使って伸びてくれました。この距離でも頑張って走ってくれましたが、もう少し距離があった方が競馬はやりやすいと思います」

石坂正調教師「輸送をするとピリッとしたところが出てくる馬ですが、今回はそれがいい方に向きましたね。馬体重も絞れていましたし、パドックでの動きも軽やかにシャキシャキと歩けていました。最後は脚を使ってくれていますし、よく頑張って走ってくれていますよ。検量に帰ってきた時に顔を見ると、よく走ったという表情をしていましたからね。この後はクラス編成があってメンバーも強くなってしまいますから、ここで一旦放牧に出したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬体減は気にならず。▲54キロ。中団よりやや後ろで脚を溜めて追走。展開は向かなかったが、直線は馬群を捌き、ラスト1ハロンはグイッと伸びた。初のマイルに対応。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき 31日に放牧

石坂師「レース後も状態は変わりありませんが、権利が取れなかったこともありますし、今開催からクラス編成が行われるために相手関係がかなり強くなるので、ここは無理せずに一旦牧場に出して、毎週の想定を見ながら次走を検討したいと思います。牧場にはいつでも戻せるように態勢を整えて貰います。昨日、ノーザンファームしがらきに移動しています」(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回も東京への長距離輸送で馬体重を10キロ以上減らすことになってしまいましたが、レースでの影響はさほど問題なかった様子。逆にスカッとして好走の要因に繋がったのかもしれません。

レースに関しては、やはり1600mは幾らか忙しかった様子。スタートは五分に出てくれましたが、芝地点のスタートだったので出して行っても、結局は中団からの競馬。道中の追走も追っ付けながらで手応え自体は良く見えませんでした。ただ、馬群での追走でロスなく運んでくれていたと思います。そして直線を向いてからは手応えの割に渋い伸び。鞍上の叱咤激励に反応してジワジワ脚を伸ばしてくれました。3キロ減の騎手起用もプラスに出たと思います。

結果として上位3頭とは離されてしまいましたが、最後まで集中力を維持して駆けてくれたのは○。ヴィッセンなりに頑張ってくれています。今後はもう少し前目のポジションで追走し、今回ぐらいの脚を使えるようになってくれれば…。そうなれば、このクラス卒業の目が出てくるように思います。経験を積みながら、地力を養ってもらいたいです。

今後は一旦放牧に出して、クラス再編成の番組が少し進んでからの復帰となる模様。状態に問題はないでしょうから、復帰までの間、NFしがらきでしっかり鍛え込んでもらいたいです。

« 【動画更新】インペリオアスール&ブライトクォーツ | トップページ | 勝ち馬の大駆けに遭うも、レース内容は更に良化。次こそは決めて欲しい。★ロードセレリティ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【動画更新】インペリオアスール&ブライトクォーツ | トップページ | 勝ち馬の大駆けに遭うも、レース内容は更に良化。次こそは決めて欲しい。★ロードセレリティ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ