2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 海外遠征帰りも仕上がりはほぼ万全。各世代のトップクラスを相手にどこまでやれるか。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・牧場組) »

2016年6月27日 (月)

函館競馬場へ移動してから調子は上向き。良い雰囲気で1週前追い切りを終える。☆ベルフィオーレ

Photo_6 ベルフィオーレ(牝・藤原英)父ディープインパクト 母ワンフォーローズ

6月23日(木)良の函館・ダートコースで5ハロン67.6-52.6-39.1-12.4 8分所を馬なりに乗っています。短評は「仕上がり良好」でした。7月3日(日)函館・檜山特別・混合・ダ1700mに岩田騎手で予定しています。

○田中調教助手 「6月23日(木)は序盤から相応のペースで進んでいます。ラストも軽く気合いを付ける形。これまでよりも全体で速いタイムを出すのは当初の計画通りですよ。函館に来てから具合は上向いている感じ。こちらの水が合うのかも知れませんね」

≪調教時計≫
16.06.23 助手 函館ダ良 67.6 52.6 39.1 12.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

栗東で調整を始めた当初、状態はもう一息なのかなと見ていましたが、函館競馬場へ移動してからジワジワ調子を上げているベルフィオーレ。まあ、ビシビシとはやられていませんが、脚取りは非常に軽快だと思います。暑い時季が得意な馬らしさが出てきましたし、函館競馬場での滞在もこの馬には心地良いのでしょう。

気が付けば、出走レースは週末に迫っていますが、良い雰囲気を維持して上昇カーブを描いていってもらえればと思います。レースでは、ここ2走のような競馬スタイルに徹するのみです。

« 海外遠征帰りも仕上がりはほぼ万全。各世代のトップクラスを相手にどこまでやれるか。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・牧場組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ベルフィオーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海外遠征帰りも仕上がりはほぼ万全。各世代のトップクラスを相手にどこまでやれるか。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ