2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 洋芝は合いそう。ゲートを五分に出て、前々で競馬を進めて粘り込んで欲しい。☆リミットブレイク | トップページ | 函館競馬場へ移動してから調子は上向き。良い雰囲気で1週前追い切りを終える。☆ベルフィオーレ »

2016年6月26日 (日)

海外遠征帰りも仕上がりはほぼ万全。各世代のトップクラスを相手にどこまでやれるか。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

日曜阪神11R 宝塚記念(G1・芝2200m)3枠6番 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:角馬場でハッキング、坂路でキャンター 22日にCWコースで追い切り

角居師「22日に川田騎手に跨って貰い、CWコースで追い切りを行いました。中山記念からドバイシーマクラシックまでは転厩して間もなく、手探りなところがありましたが、今回はこちらのやり方で上手く調整することが出来たと思います。体もスッキリして太目感はありませんし、追い切りの動きに関しても先週より確実に反応がかなり良くなってきましたので態勢は整ったと思います。今朝も状態を確認しましたが、硬さも見られませんし、出来に関しては前走以上だと思っています。今回は相手も揃って厳しい競馬になるかもしれませんが、この馬も重賞では差のない競馬をしているのですから、上手く立ち回ればチャンスは出てくると思います。飛びが大きい馬なので、出来るだけ綺麗な馬場で競馬をさせてあげたいですね」

川田騎手「先週に続き、今週の追い切りにも跨らせていただきました。先週の段階では走りたい気持ちはあるんだけど思い通りに動けないことで、走りに力むところが見られたんです。でも昨日の追い切りでは、変に力んだりすることなくリラックスしつつも、こちらの指示に反応して最後はスッと脚を伸ばすことができました。先週と比べてはるかに良化しているのが分かりましたし、いいイメージを持って競馬に向かうことができそうです」(6/23近況)

助 手 17栗坂重 62.6- 45.0- 28.6- 14.6 馬なり余力
助 手 19CW良 70.4- 53.6- 39.1- 12.3 馬なり余力
助 手 21栗坂重 58.8- 43.0- 28.1- 14.2 馬なり余力
川 田 22CW重 83.2- 66.5- 51.8- 37.9- 11.9 強目に追う シャドウダンサー(古1600万)一杯の内を0.8秒追走0.1秒先着
助 手 6.24栗坂稍 61.6- 43.8- 28.2- 14.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3回阪神8日目(6月26日)
11R 宝塚記念(G1)
サラ 芝2200メートル 3歳上OP 指定 国際 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フェイムゲーム 牡6 58 柴山雄一
1 2 アンビシャス 牡4 58 横山典弘
2 3 キタサンブラック 牡4 58 武豊
2 4 ワンアンドオンリー 牡5 58 田辺裕信
3 5 シュヴァルグラン 牡4 58 福永祐一
3 6 ラストインパクト 牡6 58 川田将雅
4 7 ラブリーデイ 牡6 58 C.ルメール
4 8 ステファノス 牡5 58 戸崎圭太
5 9 ドゥラメンテ 牡4 58 M.デムーロ
5 10 カレンミロティック せ8 58 T.ベリー
6 11 トーホウジャッカル 牡5 58 酒井学
6 12 サトノノブレス 牡6 58 和田竜二
7 13 タッチングスピーチ 牝4 56 浜中俊
7 14 ヒットザターゲット 牡8 58 小牧太
8 15 サトノクラウン 牡4 58 岩田康誠
8 16 マリアライト 牝5 56 蛯名正義
8 17 ヤマカツエース 牡4 58 池添謙一

○岸本助手 「2週続けてコース追いを。先週より今週と格段に良くなってきましたよ。力を出せる態勢です。あとは時季柄、雨がどうかでしょう。フットワークの大きな馬。できれば良馬場でやらせたいです」(25日・競馬ブックより)

○岸本助手 「先週より今週と、追い切りの動きは格段に良くなってきました。金曜朝に坂路で1本、順調にこられました。今の雰囲気なら、いいポジションを取ってレースができそう。良馬場でやらせたいです」(26日・競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【宝塚記念】ラストインパクトしっかり伸びた!3頭併せで最先着(スポニチより)

ドバイ遠征(シーマクラシック3着)明けのラストインパクトはCWコース3頭併せ。道中は僚馬を視界に入れながら直線で内へ。6F83秒2~1F11秒9としっかり伸びてシャドウダンサー(5歳1600万)に半馬身差、ビバパーチェ(3歳未勝利)に2馬身差で最先着だった。

岸本助手は「いい動きでした。先週より明らかに良くなっている」と好感触。「跳びがキレイなので、できれば良馬場でやりたい。ポンとゲートを出て、いい位置で流れに乗っていければ」とイメージした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【宝塚記念】(6)ラストインパクト 偶数枠で出足をカバー(スポニチより)

ラストインパクトは坂路で調整。角居師は「順調ですね。状態はいいですよ」と納得の表情を浮かべる。昨年のジャパンCでタイム差なしの2着と好走。以前、在籍していた松田博厩舎(今年2月末に解散)から角居厩舎に移って3戦目になる。「ジャパンCの頃と比較はできないけど体はいい。ゲートがあまり速くないので偶数枠はいいと思います」と期待していた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

★JC2着再現だ〔6〕ラストインパクト(サンスポより)

坂路で4ハロン61秒6-14秒1と軽くしまいを伸ばした。「順調に来ているし、仕上がりはいいと思います。ジャパンC(2着)くらいのパフォーマンスができれば楽しみですね」と角居調教師は笑みを浮かべた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

海外初挑戦となった前走のドバイシーマクラシック。着を拾うような競馬になってしまいましたが、ポストポンド・ドゥラメンテと世界を代表する馬に続き、3着に食い込んだラストインパクト。強さは感じられませんでしたが、直線で狭いところから脚を伸ばしてきてことは十分評価できると思います。また、中山記念では先行策を取りましたが、道中で無駄に脚を使うよりは溜めて末脚勝負に徹した方がラストインパクトにはやはり合うと思います。

ドバイから戻ってきた当初、脚元に疲れが出て、ドキッとしましたが、楽をさせることでそれは回復。大事に至らなくて何よりです。その後はひとまず順調に来たと思います。

帰厩後は少し早く仕上がりそうということで追い切りを微調整することはありましたが、大した問題ではないでしょう。先週・今週と川田Jが追い切りに跨ってもらい、レース仕様の仕上げへ。これまでは手探りで調整を進めていた節がありましたが、今回は角居流で1からの仕上げ。新たなラストインパクトが見られるかもしれません。

ただ、ここは春の最後の大一番ということで、4~6歳のトップクラスで勢揃い。実績・勢いで見劣っていますし、対戦成績で分が悪い馬が出ています。伏兵止まりなのは仕方ないでしょう。その分、気楽な立場でレースへ臨めます。川田Jはラストインパクトを熟知してくれていますし、この枠なら内に固執して回ってきて欲しいです。直線で詰まってしまったら、諦めましょう。馬場は乾いて欲しいですが、滑る馬場でなければ辛抱してくれると見ています。距離の芝2200mはベストだと個人的には思っています。

頑張って欲しい気持ちは勿論ありますが、今回に関しては現状の力がどこまで通用するかを気楽に見守りたいです。

« 洋芝は合いそう。ゲートを五分に出て、前々で競馬を進めて粘り込んで欲しい。☆リミットブレイク | トップページ | 函館競馬場へ移動してから調子は上向き。良い雰囲気で1週前追い切りを終える。☆ベルフィオーレ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 洋芝は合いそう。ゲートを五分に出て、前々で競馬を進めて粘り込んで欲しい。☆リミットブレイク | トップページ | 函館競馬場へ移動してから調子は上向き。良い雰囲気で1週前追い切りを終える。☆ベルフィオーレ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ