最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« レースへ向けての最終追いを消化するも、右前の骨瘤を幾らか気にする素振り。大事を取って今週の出走を見送り、放牧に出ることになりました。★ディグニファイド | トップページ | 気分良く競馬の出来た勝ち馬に1歩及ばずも、左回りのマイル戦でこの馬らしい末脚を披露。☆ロードクエスト »

2016年5月13日 (金)

前走同様に返し馬から気の悪さを全開。こんな状況ではレースでの好走は到底望めず。★ジスターキ

Photo ジスターキ(牝・田村)父ステイゴールド 母シーズライクリオ

日曜東京1R 3歳未勝利・牝馬限定(ダ1600m)14着(10番人気) 三浦J

出たなりで中団に付け、道中は10番手あたりを追走、3コーナー付近からムチを入れて進出し、4コーナーでは7番手あたりまで押し上げましたが、直線半ばで脚が上がって後退し、後方に敗れています。

三浦騎手「返し馬から首を上下に振って、かなり気の悪いところを見せていましたね。スイッチが入ると周りが見えなくなってしまうくらい激しい動きをするのに、フッと我に返ると完全にスイッチがオフになってしまって、オンオフが激し過ぎるところがレースでも出てしまっている感じです。向正面でいい位置に付けられると思い馬の後ろに入れると、砂を被って頭を上げて嫌がるところを見せてしまい、これではダメだと思ってすぐ外に出して追走したのですが、最後はバタバタになってしまいました。ダートよりは芝を使う方が良いと思いますし、本質的にはマイルが良いのでしょうが、現状は2000m前後で道中フワッと抱えながら競馬をする方が合っていると思います」

田村調教師「能力的にはこんなに負ける馬ではないはずなのですが、レースになると気の悪いところを見せてしまってダメですね。返し馬からジョッキーを振り落とそうとするぐらいでしたからね。調教ではいい動きを見せてくれるのに、競馬に行ってそれが全然発揮できていません。砂を被って嫌がる面を見せていましたし、ダートよりは芝の方が良いのでしょう。能力は持っている馬なので、何とかレースで力を出せるように試行錯誤していきます。この後のことは厩舎に戻って状態を確認して、判断させていただきたいと思います」(レース結果)

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダートで幾らかでも変わってくれるかなと期待したのですが、砂を被って戦意喪失。また、前回同様に返し馬から気の悪いところを発揮して、鞍上を振り落とそうとする仕草。普段の調教では気の悪いところを見せないような田村師のコメントですが、実際のところは果たして…。変なところでスイッチが入ってしまうので、普段の調教でも油断してると危ない馬なのは確かだと思います。

デビューして1・2戦目は一生懸命走り、体力不足による敗戦のイメージが強かったのですが、ここ2戦はまったく見せ場のない大敗。『能力は持っている…』ということでレースでの悪印象を和らげようとしているだけで、実際は対処法が見当たらないのでしょう。

レース後は放牧に出して立て直すのかなと見ていたら、まさかの連闘策へ。三浦Jが進言して中距離でフワッと抱えながらの競馬を試すことになりました。ただ、現状は自由気ままに走っているので、三浦Jがイメージするような競馬にジスターキが納得して従ってくれるかとなると…。かなり確率の低い話だと思います。

« レースへ向けての最終追いを消化するも、右前の骨瘤を幾らか気にする素振り。大事を取って今週の出走を見送り、放牧に出ることになりました。★ディグニファイド | トップページ | 気分良く競馬の出来た勝ち馬に1歩及ばずも、左回りのマイル戦でこの馬らしい末脚を披露。☆ロードクエスト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ジスターキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レースへ向けての最終追いを消化するも、右前の骨瘤を幾らか気にする素振り。大事を取って今週の出走を見送り、放牧に出ることになりました。★ディグニファイド | トップページ | 気分良く競馬の出来た勝ち馬に1歩及ばずも、左回りのマイル戦でこの馬らしい末脚を披露。☆ロードクエスト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ