2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(高柳厩舎・牧場組) | トップページ | 鞍上に岩田Jを迎えて日本ダービー出走へ。☆ロードクエスト »

2016年5月25日 (水)

手応え十分に直線を向くも、いざ追い出してからがサッパリ。最後まで集中して走ってくれないと…。★イリデッセンス

Photo イリデッセンス(牝・佐々木晶)父ダイワメジャー 母スペリオルパール

日曜京都1R 3歳未勝利(ダ1800m) 7着(2番人気) 浜中J

好スタートを決めて前に付け、道中は2番手を追走、残り600m付近で逃げ馬に並び掛け、直線の入り口で交わして先頭に立ちましたが、いざ追い出してから伸びを欠いて徐々に後退し、7着でゴールしています。

浜中騎手「調教師から、出来れば先団で競馬をしてほしいと指示が出ていましたが、ゲートを出てスッといい位置に取り付けましたし、理想の形で競馬をすることが出来ました。勝負処までは手応えも楽で、先行している馬を馬なりで交わしてくれたので、これは楽勝だなと思っていたのに、いざ先頭に立つとフッと気を抜いて手応えが無くなってしまいました。逃げていた馬が少しバテるのが早かったですし、目標にしている馬がもう少し頑張ってくれていれば違った結果になっていたかも知れませんね。今回の内容を考えると、もう1つ2つ後ろのポジションで競馬をして、ゴール手前で交わす形の競馬をすれば、最後まで気を抜かずに走ってくれそうです。ダート適性は特に問題なかったですし、気持ちが最後まで途切れなければすぐ勝てる能力は持っていると思いますよ」

佐々木晶調教師「東京出張の為にモニター越しで見ていたのですが、あれだけの手応えでバッタリ脚が上がってしまったので、距離が長かったのかダートが合わなかったのか心配しましたが、レース後の話では抜け出してフワッとしたようですね。あの形なら何馬身突き放すのかと思っていただけに残念で仕方ありませんが、ダートは大丈夫だったようですし、次走は抜け出すタイミングさえ気を付ければ巻き返しはあると思います。2、3週は間隔を空けないと出走出来ないかもしれませんが、この後の状態に変わりがなければこのまま厩舎で調整して次走に備えたいと思います」(レース結果)

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬場先出し。ダートの走りは悪くない。好スタートを切り、2番手へ。道中はちょっと力んでいる感じだったが、4角でも手応えはあるように見えた。ただ、早めにペースが上がる展開で伸びあぐねた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めてのダートが合うかどうか心配でしたが、好発を決めてスッと前へ。砂を被らない位置で理想的な形で競馬を進めることが出来ました。そして道中も他馬に被されるようなこともなし。4角を回ってくる時の手応えは抜群だったので、圧勝するのかなという感じに。

ただ、直線でいざ追い出されると案外の伸び。ブリンカーを装着してレースへ臨みましたが、その効果は薄かったのか先頭に立つとフワッと…。手応えが一気になくなり、後続に交わされてしまいました。

現状だと、ゴール直前で先頭に立たないと勝てない感じ。浜中Jからは『1~2つポジションを下げてレースをすればと…』と提案をしてもらいましたが、個人的にはスタートをフワッと出して、序盤は後方待機策で3角から外を捲くる形の方が良さそうに思います。レースの流れに乗った競馬をした時、勝負どころで外から被されるとその時点で止めてしまう恐れがあるので。

今回のレースを見ても、最後までしっかり走れば、未勝利を勝つ力は十分備えています。要は最後まで集中して走ってくれるかどうか。この悪癖が徐々に深刻化していっているのが悩ましい限りです。

« ロードなお馬さん(高柳厩舎・牧場組) | トップページ | 鞍上に岩田Jを迎えて日本ダービー出走へ。☆ロードクエスト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)イリデッセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(高柳厩舎・牧場組) | トップページ | 鞍上に岩田Jを迎えて日本ダービー出走へ。☆ロードクエスト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ