最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 21日に栗東・奥村豊厩舎へ入厩しています。☆ロードギブソン | トップページ | 来月7日の京都・ダ1900mへの出走を予定。☆ヴィッセン »

2016年4月23日 (土)

攻め駆けする馬なのに今週の追い切りが案外。芝1200mへの条件替わりは魅力も…。★ロードガルーダ

Photo_3 ロードガルーダ(牡・池江寿)父アグネスタキオン 母レディブラッサム

4月23日(土)京都11R・彦根S・混合・芝1200mに岩田Jで出走します。4月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.5-40.7-26.2-13.0 一杯に追っています。併せ馬では末強目の相手に0秒2先行して0秒6遅れ。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。発走は15時35分です。

○池江調教師 「4月20日(水)も坂路で。最後に軽く気合いを付けています。馬場が重かったのに加え、喉も万全とは言えぬ状態。そのあたりが時計を要した原因でしょう。実戦で使うのは久々ながら、勝ち鞍は全て芝のレース。少しでも良い面が出れば・・・」

≪調教時計≫
16.04.20 助手 栗東坂良1回 55.5 40.7 26.2 13.0 一杯に追う カフェブリッツ(3歳未勝利)末強目に0秒2先行0秒6遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3回京都1日目(4月23日)
11R 彦根S
サラ 芝1200メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エフェクト 牝4 55 国分優作
1 2 サンシカゴ 牡5 57 秋山真一郎
2 3 モンマックス 牡6 57 太宰啓介
2 4 ロードガルーダ 牡7 57 岩田康誠
3 5 オウノミチ 牡5 57 岩崎翼
3 6 コウエイタケル 牡5 57 和田竜二
4 7 ヴィクタープライム 牡4 57 松田大作
4 8 アドマイヤイナズマ 牡6 57 国分恭介
5 9 スナッチマインド 牝5 55 川田将雅
5 10 シゲルチャグチャグ 牝4 55 酒井学
6 11 プレイズエターナル 牡6 57 武豊
6 12 アルティマブラッド 牝4 55 四位洋文
7 13 アットウィル 牡6 57 古川吉洋
7 14 ペイシャモンシェリ 牡5 57 田中健
7 15 ホスト 牡5 57 池添謙一 
8 16 トーセンラーク 牝4 55 小崎綾也
8 17 フィドゥーシア 牝4 55 小牧太
8 18 アドマイヤナイト 牝4 55 福永祐一

○池江寿師 「切れる脚がないのでダートに使ってきたけど、もともと芝で勝ち上がってきた馬。ただ、馬場の影響があったにせよ、追い切りがあまりにも動かなかったのがね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は手応え良く直線を向くも、イチかバチかのイン強襲で失敗したロードガルーダ。進路を見出すことが出来ずに12着に敗れる消化不良の1戦となりました。

その後はここを目標に厩舎で調整。決め手に欠けるのでここ最近はダートを使われてきましたが、今回は久々の芝。綺麗な馬場もガルーダにはプラスでしょう。そして鞍上には久々に岩田J。大駆けの要素を含んだ1戦だと思います。

ただ、追い切りの動きが案外。喉に不安を抱えていても、追い切りは水準以上のモノを常に見せて来ただけに余計に心配です。吸引治療などケアを続けているでしょうが、手術をした喉はだんだん悪化しているのかな?

7歳という年齢と喉の症状を踏まえると、そう先は長くないと思うロードガルーダ。1戦でも長く現役を続けて欲しいので、半兄が活躍した条件(芝1200m)でまだまだ可能性を残すところを見せてもらいたいです。

« 21日に栗東・奥村豊厩舎へ入厩しています。☆ロードギブソン | トップページ | 来月7日の京都・ダ1900mへの出走を予定。☆ヴィッセン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードガルーダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 21日に栗東・奥村豊厩舎へ入厩しています。☆ロードギブソン | トップページ | 来月7日の京都・ダ1900mへの出走を予定。☆ヴィッセン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ