2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 予想外の逃げの手でしたが、直線入り口で交わされるとズルズルと後退してよもやの最下位。気難しい面が露わに。★ジスターキ | トップページ | 色んな条件で恵まれた1戦も、抜群の手応えで直線を向くと後続を寄せ付けずに快勝。初勝利を飾る。☆ウォリアーズクロス »

2016年4月22日 (金)

終わってみれば勝ち馬が強過ぎ。福島への長距離輸送で馬体を大きく減らしてしまったのも痛かった。★ロードプレステージ

Photo_3 ロードプレステージ(牡・昆)父ネオユニヴァース 母タッチアス

4月17日(日)福島8R・4歳上500万下・ダ1700mに鮫島良Jで出走。13頭立て2番人気で4枠5番からハイペースの道中を12、10、7、4番手と進み、直線では大外を通って2秒1差の4着でした。馬場は稍重。タイム1分48秒0、上がり40秒1。馬体重は10キロ減少の434キロでした。

○昆調教師 「ある程度のマイナスは仕方ないところ。ただ、思った以上に輸送で減ってしまいました。人気馬を前方に見据えていたものの、勝負処から徐々に離される格好。本当の意味で力が備わっていないのも確かながら、ちょっとガス欠のような感じでしょう。それでも今日は随分と相手関係に恵まれたので・・・。勝ち馬は強かったとは言え、2着は確保して欲しかったですね。厩舎へ戻っての状態に応じて新たなプランを検討する方針」

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

チークピーシズ。後方の外。勝負どころで外からマクり気味に押し上げていって、直線もそのまま外を回っていくと、一瞬切れたが、最後はやや息切れ。それでも、そのまま流れ込んだ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○昆調教師 「4月20日(水)は歩行運動を行っています。脚元等に関しては大丈夫そう。再び跨った感触に大きな問題が無ければ、このまま厩舎に置いて調整を続けましょう。ただ、まずは身体を戻さないと・・・。新潟で1戦できれば・・・ぐらいかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

強行軍でも追い切りの雰囲気が良く、前進を期待したのですが、まずは輸送で大きく馬体を減らしてしまったのが誤算。そして雨による馬場の高速化、勝ち馬が強過ぎたなど頑張り屋のプレステージには酷な1戦になってしまいました。

レースぶりに関しては、勝ち馬を目標に進める展開。これ自体は悪くなかったと思いますが、想定していたよりも落ち着いた流れになったことで勝負どころから外々を回されることに。小回りコースで反応もこれまでより鈍かったと思います。それにより直線を向く頃にはガス欠に。なんとか気力を振り絞って4着に踏ん張ったのがやっとという内容でした。

正直、もう少し頑張って欲しかったなあという思いはありますが、勝ち馬にはどうしても勝てなかったと思うので、前を向いて行くしかありません。体力とクラス再編成までの時期を考えると、2勝目を挙げるラストチャンスが次走でしょう。ただ、新潟はコーナーがキツいので、今回のようにズブさを覗かせる可能性が。流れ次第ですが、向正面で早めに先頭まで動いて行く策も一考でしょう。

疲れが溜まっている状態で馬体を戻すのは一苦労でしょうが、少しでも良い状態へ戻し、ワンチャンスに勝負を賭けてもらいたいです。

« 予想外の逃げの手でしたが、直線入り口で交わされるとズルズルと後退してよもやの最下位。気難しい面が露わに。★ジスターキ | トップページ | 色んな条件で恵まれた1戦も、抜群の手応えで直線を向くと後続を寄せ付けずに快勝。初勝利を飾る。☆ウォリアーズクロス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードプレステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予想外の逃げの手でしたが、直線入り口で交わされるとズルズルと後退してよもやの最下位。気難しい面が露わに。★ジスターキ | トップページ | 色んな条件で恵まれた1戦も、抜群の手応えで直線を向くと後続を寄せ付けずに快勝。初勝利を飾る。☆ウォリアーズクロス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ