2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 2着馬の強襲を余裕を持って封じる完勝劇。2連勝で次走はダービーTR・プリンシパルSへ。☆ゼーヴィント | トップページ | ロードなお馬さん(牧場組) »

2016年4月21日 (木)

【シルク】第2回追加募集馬の詳細が明らかに

Photo_3 クライウィズジョイの14(牡・池江寿)父ダイワメジャー

ウェブサイト上で詳細が更新された第2回追加募集馬達。ひとまず雰囲気を知ることは出来たと思います。

人気は上記のクライウィズジョイの14でしょう。トモの踏み込みの良さなど大きく歩けているのは好感。その一方で馬体の張りや前脚の繋ぎの角度、幼い面が目立つ気性が気掛かり。天栄ツアーで動きが良ければ、一考の余地はあるかもしれませんが。

マイネナデシコの14は毛色に騙されても、馬っぷりは上々。落ち着きもあって大物感は十分。魅力を秘める1頭でしょうが、やはり前脚をクロスして歩く様が…。そこに目を瞑れば、1発長打の可能性も。

シャラントレディの14は父ワークフォースよりも母父フジキセキが出た雰囲気。モッサリした感じはありません。また、馬体の張りから健康面で問題はなさそう。ただ、動画を見ると、口向き・ハミ受けの悪さが大いにネック。レースで折り合いに苦労する姿が想像できてしまいます。

ヒシエンジェルの14はややトモの甘い歩様で脚の細さ(管囲)が心配。非力な印象を持ってしまいます。それでも坂路を駆け上がる様は悪くありません。前脚をたぐったり・掻き込んだりする感じではなく、素軽い走り。ダート向きの血筋ですが、芝のマイルあたりで良さが出ないかな?

« 2着馬の強襲を余裕を持って封じる完勝劇。2連勝で次走はダービーTR・プリンシパルSへ。☆ゼーヴィント | トップページ | ロードなお馬さん(牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

募集馬【シルク&ロード】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2着馬の強襲を余裕を持って封じる完勝劇。2連勝で次走はダービーTR・プリンシパルSへ。☆ゼーヴィント | トップページ | ロードなお馬さん(牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ