2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(昆厩舎) | トップページ | 29日に美浦・田村厩舎へようやく戻っています。☆ジスターキ »

2016年4月 1日 (金)

上位2頭には完敗も、最後の直線でしっかり脚を使っての3着確保は立派の一言。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

メイダン8R ドバイシーマクラシック(G1・芝2410m) 3着 モレイラJ

出たなりで中団に控え、前半は内目6番手を追走、残り1000m付近で他馬が動いてややポジションを下げましたが、残り800m付近から徐々に前を窺い、直線では内目の馬群を割って懸命に脚を伸ばすと、上位2頭には届かなかったものの、世界の強豪を相手に3着まで追い上げています。

モレイラ騎手「馬は力を出してくれていると思いますし、凄く強かったです。ただ今日は前に2頭、他に強い馬がいましたね。初めて跨らせていただき、これがこの馬の元々のものなのかもしれませんが、乗っていて少々硬さが気になるところはあったものの、それでここまで走ってくれるのですから大したものですし、もっと強くなると思います。また次も乗せてもらいたいですね」

角居調教師「パドックでも落ち着いて周回できていましたし、良い雰囲気でレースに挑むことができました。位置取りが後ろになって厳しい形になってしまいましたが、ゴールするまでよく伸びていますし、世界トップクラスの評価を受けている馬相手に、しっかりとしたレースはできたと思います。松田先生のところから転厩してきて、うちの厩舎に任せていただいた馬ですし、結果を残していかないといけないと思っていました。今日は勝つことができなかったのは残念ですが、ジャパンカップ2着の力は示すことができたと思いますし、この大きな舞台で強敵相手にラストインパクトのパフォーマンスを見せることはできたと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:29日に兵庫県・三木ホースランドパークへ入厩
・調教内容:曳き運動

角居調教師「29日に関西国際空港に無事到着いたしました。その日の午後に輸入検疫のために兵庫県の三木ホースランドパークに入厩しています。検疫が終了次第、一旦ノーザンファームしがらきに移動して状態を確認してもらいます。さすがに長距離輸送の後ですし、次走については牧場でしっかりリフレッシュさせてもらってから、状態を見て検討したいと思います。中山記念に関しては転厩初戦とあって半信半疑なところはありましたが、今回は世界であれだけのパフォーマンスを見せてくれましたし、次も良い競馬が出来る様に厩舎一丸となって努めたいと思います」(3/30近況)

当初の予定より飛行機の出発が2時間遅れましたが、無事に帰国して、三木ホースランドパークに到着しました。厩舎周りの曳き運動など軽めの調整で1週間過ごします。このまま変わりなければ4月4日にノーザンファームしがらきに移動して、3週間の着地検疫期間となります。なお、この期間の本馬の牧場見学はお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めての海外遠征+暑い気候の地・ドバイということで、まずは良い体調でレースへ臨めるかどうか大変不安でしたが、そこは海外競馬に慣れた角居厩舎のスタッフ。レース前にパドックで周回している姿は日本と変わらず、落ち着きに関してはむしろ上だったかもしれません。中山記念をひと叩きして着実に状態もアップしていたんでしょう。

レースに関してですが、中山記念のレースぶり+枠順から、ハナへ行くこともあるのかなと想像していたのですが、ゲートを出てからの行き脚が一息。少頭数の競馬でしたが、中団より後方を追走するとは予想外でした。まあ、それでも内々で折り合いピッタリで脚を溜めながらの追走。良い感じに追走できているなあと見ていました。あとはここからしっかり捌いてこれるか…。

直線を向いて正攻法の競馬を貫いていたポストポンドが一足先に抜け出す。そこにドゥラメンテが襲い掛かりましたが、落鉄したままの脚では迫力不足。内へモタれる仕草を見せ、本来の伸びではなかったです。我がラストインパクトは直線で上手に進路を見い出して、上位2頭を追い掛ける形に。上位2頭との差はほとんど詰まっていませんが、最後まで脚を繰り出せたのは立派。勝ちに行く競馬ではなかったですが、不慣れな舞台・アウェーということを踏まえれば、しっかり賞金を掴み取ってくれたのは正直有難かったです。胸を張れる3着だったと思います。

レース後のラストインパクトは3月29日に無事帰国。これから着地検疫を経て、次走を目指すことになります。順調に行けば、宝塚記念が目標になるでしょう。

まあ、何はともあれ、初めての海外遠征を無事に終えることが出来たのは何より。また、今回の雰囲気の良さから、再度の海外遠征の可能性は高いでしょう。今回の経験を今後にしっかり役立ててくれることを願うばかりです。

« ロードなお馬さん(昆厩舎) | トップページ | 29日に美浦・田村厩舎へようやく戻っています。☆ジスターキ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(昆厩舎) | トップページ | 29日に美浦・田村厩舎へようやく戻っています。☆ジスターキ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ