2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ダート地点からのスタートで二の脚が一息。直線は思い切って内を突くも、進路が詰まって追えずじまい。★ロードガルーダ | トップページ | 初めての海外遠征。不安は尽きませんが、良い状態でレースへ臨めそうなのは何より。まずは無事に走り終えて欲しい。☆ラストインパクト »

2016年3月26日 (土)

この距離にいきなり対応できるかは未知も、前走より距離短縮はプラス材料。動きの良化も感じるので、今回は結果を出して欲しい。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

土曜中山2R 3歳未勝利(ダ1200m) 3枠5番 石川J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで23日に時計

国枝師「追い切りは3頭の一番後ろから行って、最後は内に併せました。先週、今週と格上馬相手に見劣りしない動きをしていますね。だいぶ動きがしっかりして終いの反応も良くなってきました。今回は1200mなので、どれだけ行き脚が付くかがカギになると思っていますが、ここ2週の調教のように終いグッとくるようなら、何が何でも強引に前に行く必要はないかもしれません。午後の歩様チェックでは左トモの嵌りの悪さが依然ありますが、先週の追い切り後に比べると今週はそれほど悪くありません。前走は出負けしてゴチャついてしまいましたから参考外と思っていいでしょう。初戦はなかなかいいメンバーの中で3着しましたし、それを考えると今の未勝利戦なら力は上ではないでしょうか」(3/23近況)

助 手 20南W重 58.0- 42.0- 13.6 馬なり余力 ミッキーグローリー(三500万)馬なりの外に0.8秒先行0.1秒先着
助 手 23南W良 51.9- 38.1- 13.1 馬なり余力 エンドレスノット(古1600万)末強目の内を0.5秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3回中山1日目(3月26日)
2R 3歳未勝利
サラ ダ1200メートル 指定 混合 馬齢 発走10:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ネイチャーポイント 牡3 53 藤田菜七子
1 2 ワンダーウノ 牡3 56 江田照男
2 3 マグリット 牡3 53 木幡巧也
2 4 シエラヴェルデ 牡3 56 三浦皇成
3 5 ウォリアーズクロス 牡3 55 石川裕紀人
3 6 トウショウネクスト 牡3 56 吉田豊
4 7 オートシャンティ 牡3 56 柴田大知
4 8 イデアオブダンディ 牡3 56 吉田隼人
5 9 クレイジーインラヴ 牝3 51 菊沢一樹
5 10 ミヤコノアバランチ 牡3 56 田中勝春
6 11 コリーナ 牝3 54 C.ルメール
6 12 アイスクリン 牡3 56 松岡正海
7 13 サンオカラ 牝3 54 岩部純二
7 14 サンスペンサー 牝3 52 井上敏樹
8 15 ボスキャットグレイ 牡3 56 蛯名正義
8 16 サンカーニー 牝3 54 二本柳壮

○国枝師 「前走はスタート後にゴチャついてレースにならず。今週の動きは良かったし、尾の距離もいいので流れに乗れれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦3着から充電期間を経て臨んだ前走。戦績から人気を集めたのは仕方ないですが、デビュー戦から大きく着順を落とす11着敗退。マイルの距離が微妙なのは分かっていた中、発馬でのロス・馬群で揉まれる・直線では外から蓋をされて行き場をなくすと終始苦しい競馬になってしまいました。そしてレース後のコメントで、国枝師は“本質はスプリンター”というお言葉。それなら2戦目は距離を短縮して臨んで欲しかったです。デビュー戦は3着とは言え、最後は脚が上がり気味で大きく離されてのものだった訳ですから。

前走後はNF天栄へ移動して再調整。8日に帰厩するまで問題なく調整でき、鍛えることは出来た様子。戻ってきてからの追い切りではもう少しピリッとした脚を使って欲しいところですが、これまで2走よりは動けている感じ。雰囲気は良くなっているのは確かでしょう。

あとは調教師の見立てどおり、スプリンターの馬であるかどうか。課題として、一気の距離短縮+芝スタートでレースの流れに乗れるかどうか。内目の奇数枠と嫌なところがあってもいるので、不安は大きいです。また、初めての右回りも何となく嫌な感じで…。馬群で揉まれたままで終わることだけは避けて欲しいところ。前走でタフな競馬を経験したことが今回プラスに働いて欲しいものです。個人的には気性面の若さが残るので、国枝厩舎のシンボル・シャドーロールだけでなく、チークピーシズやブリンカーを装着してレースへ出てきて欲しかったです。

まあ、ここ2走の内容から距離が縮まるのは間違いなくプラス。追い切りの良化気配からも前進は見込めます。今回も人気を集まるでしょうが、何はともあれ結果が欲しいところ。内容のある走りを見せて、この相手なら悪くても馬券に絡む結果(3着以内)を。逆に前走のような寂しい結果に終わると、先々への期待が大きく萎んでしまいます。ウォリアーズクロスには大事な1戦です。

« ダート地点からのスタートで二の脚が一息。直線は思い切って内を突くも、進路が詰まって追えずじまい。★ロードガルーダ | トップページ | 初めての海外遠征。不安は尽きませんが、良い状態でレースへ臨めそうなのは何より。まずは無事に走り終えて欲しい。☆ラストインパクト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ウォリアーズクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダート地点からのスタートで二の脚が一息。直線は思い切って内を突くも、進路が詰まって追えずじまい。★ロードガルーダ | トップページ | 初めての海外遠征。不安は尽きませんが、良い状態でレースへ臨めそうなのは何より。まずは無事に走り終えて欲しい。☆ラストインパクト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ