2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 大敗後の1戦で悪影響が残っていることを懸念していたが、終わってみれば余力十分の快勝劇で2勝目。☆ソーディヴァイン | トップページ | シルクなお馬さん(4歳・牧場組) »

2016年2月23日 (火)

何とか馬体重を維持して出走できたことに感謝。レースでは道悪を問題にせず、直線内からアッサリ抜け出し3勝目。☆デルフィーノ

Photo_6 デルフィーノ(牝・高柳)父ハーツクライ 母レディアーティスト

2月21日(日)東京7R・4歳上500万下・混合・芝1800mに戸崎Jで出走。16頭立て1番人気で2枠3番からスローペースの道中を6、6、6、5番手と進み、直線では中央を通って0秒3差で優勝。3勝目を飾りました。馬場は重。タイム1分49秒7、上がり35秒5。馬体重は2キロ増加の458キロでした。

○戸崎騎手 「道中に多少噛んだように映ったのは、ペースが遅かった分でしょう。乗り易くてセンスのイイ馬。内枠からスムーズに運べたと思います。新潟の時よりもしっかりしており、直線では期待通りに伸びてくれました。一度勝っているクラスだけに、今日は力が上位だった感じですね」

○高柳調教師 「最終追い切りの前日も458キロ。適度に負荷を掛けた上でプラスに持って来ることができたのは何よりでした。心配していた重馬場を苦にせず、持ったままサッと進出。とても強いレースぶりだったと思います。今後については疲労度合い、脚元の状態等を十分にチェックしてから慎重に決めましょう」

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がり良好。出たなりに中団で脚を温存。3~4角で馬群が固まると先頭集団の直後へ。残り2ハロンでコスモヨハネの内へ進路を取り、スパッと抜け出すと、最後は後続を離して快勝。鞍上の好騎乗も光ったが、このクラスでは力が上だった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、大幅な馬体減を伝えられ、レース当日は前走より減ることを覚悟していましたが、厩舎の熱意が伝わったのか、プラス2キロでの出走。まずはこのことに感謝で、レース結果云々は二の次でした。500万下では能力上位ですが、牡馬相手の道悪競馬は楽ではないと思っていましたし…。1番人気に支持されていたことがちょっと意外でした。

レースに関しては、気楽な感じで見守っていましたが、馬群で揉まれる形ながら道中の手応えは良好。4角を回る時も追っつける感じはなく、持ったまま直線へ向くことに。直線は進路を内に切り替えて前が開いてから追い出す形に。先頭に並び掛けた時に少し気合を付けると、サッと内から突き抜けてくれました。

予想外の完勝に喜び・安堵よりも驚きの気持ちが強かったです。転厩緒戦から好結果が出るとは思っていませんでしたし、こんな完璧な競馬が出来ることにも。まあ、戸崎Jがデルフィーノの持ち味を存分に引き出してくれた結果です。

こういう競馬が出来るなら、1000万下でも対等以上にやれる筈。今後についてはレース後の状態を見てからでしょうが、厩舎に置いて続戦するよりも、短期間でもリフレッシュを挟んだ方が賢明。張りつめた気持ちを少しでも和らげてから、次走へ向かって欲しいです。

« 大敗後の1戦で悪影響が残っていることを懸念していたが、終わってみれば余力十分の快勝劇で2勝目。☆ソーディヴァイン | トップページ | シルクなお馬さん(4歳・牧場組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)デルフィーノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大敗後の1戦で悪影響が残っていることを懸念していたが、終わってみれば余力十分の快勝劇で2勝目。☆ソーディヴァイン | トップページ | シルクなお馬さん(4歳・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ