2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 鞍上の好リードが光るも、長くいい脚を繰り出して僅差の3着。クラス突破が見えてきました。☆ヴィッセン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・ケイアイファーム組) »

2016年2月11日 (木)

直線で行き場をなくして手綱を引っ張るロスが痛かったも、ようやく復調を示す3着。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

東京9R 箱根特別(芝2400m) 3着(5番人気) ルメールJ

出たなりで先団の後ろに付け、道中は7・8番手あたりを追走、勝負処では馬群の中で動けずポジションを下げ、直線で馬群を捌いて脚を伸ばしましたが、前が狭くなって進路を内に切り替える場面もあり、3着まで押し上げたところでゴールしています。

ルメール騎手「道中の手応えは良かったですし、直線も頑張って良く伸びています。ただラスト200m地点で前にいた勝ち馬が外に寄れてきてスペースがなくなり、引っ張ることになってしまいました。あれは痛かったですね。プラス24キロでも重くは感じませんでしたし、状態は良かったと思います。このクラスでは力上位なので、すぐに勝ち上がれるでしょう」

武市調教師「道中は良い感じで脚が溜まっていましたし、位置取りも良かったと思います。ただ、もう少し早めに動いてほしかったですね。レース前にも乗り役には『切れる脚はないから3,4コーナーで早めに動いてほしい』ということは伝えていたんですけど、4角でも持ったままでしたからね。テン乗りではどうしても手応えに騙されてしまうんです。しかも直線は最後の最後で寄られてしまい、引っ張ってしまいました。そこからまた盛り返していますが、スッと脚を使えるタイプではないですからね。ここ数戦はいつも脚を余している感じがあり、もどかしいです。今回はメンコを外したのですが、位置取りは良かったですし、折り合いも付いて、途中までは本当に理想的でしたね。プラス24キロでしたが、前回減っていることと成長分を考えると、これぐらいで丁度良いと思います。今回は帰厩時の体の戻りが早く、本当に良い状態で出走できたと思うのですが、なかなか結果を出せず申し訳ありません。次走についてですが、次の東京まではだいぶ間隔が空くし、中京はコース的には合いそうなのですが輸送でいつも体が減ってしまいますから、中山も視野に入れて考えたいと思います。この後の状態を見てから続戦するか短期で出すか判断したいと思います」(レース結果)

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大幅馬体増だが、太くはない。成長分だろう。中団馬群を追走。直線は包まれてしまって、ゴール前では挟まれて急ブレーキ。それでも、そこから立て直すようにして伸びて来た。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:3月6日の中山・潮来特別(芝2500m)

武市康男調教師「昨日(水)から軽く乗り出しています。競馬の疲れは多少ありますが、特に大きな問題はありません。仕掛けが遅れたり前が詰まったりと、ちょっと不完全燃焼の競馬になってしまいましたが、メンコを取ったことで道中の雰囲気が良くなったのは収穫でしたね。このまま続戦し、中山2週目の潮来特別を目標に調整していきます。一度騎乗して掴んでくれたと思うので、次もルメール騎手に声を掛けてみますが、ルメール騎手が乗れない場合でも、騎乗経験のあるジョッキーから選びたいと思います」(2/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここ数走のレースぶりから凡走が続いても仕方ないと覚悟できていた今回。前走で大きく減ってしまった馬体が戻り、良い雰囲気で出走が出来ていた様子。

レース内容に関しては、道中の位置取りがちょっと後ろだったかなと思いますが、全くのテン乗りで折り合いに終始したので致し方ない面も。ピタッと折り合えるのはさすがです。ただ、直線を向くまでじっとしていたのが、どうだったのかなあ…。

直線は勝ち馬の後ろを上手に付いて行きましたが、肝心なところで狭くなる不利。手綱を引っ張っていたので、ココがスムーズなら。最後にもう1度伸びてきただけに余計に勿体なかったです。ただ、早めに動いて行っていたら、最後まで伸びが続いたかは微妙なところ。

結果は残念でしたが、57キロを背負って復調を示す3着。勝つにはもうひと押しが必要でしょうが、今後は大崩れなく走ってくれるでしょう。

次走に関しては、厩舎に滞在して中山の芝2500m戦へ。久々の右回りの競馬でスムーズな競馬が出来るかがポイントでしょう。また、放牧を挟まずに続戦して結果が出ていません。この課題をクリアできるようなら更に期待が高まるので、次走は今後を占う意味で試金石の1戦になってくると見ています。

« 鞍上の好リードが光るも、長くいい脚を繰り出して僅差の3着。クラス突破が見えてきました。☆ヴィッセン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・ケイアイファーム組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

グランドサッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鞍上の好リードが光るも、長くいい脚を繰り出して僅差の3着。クラス突破が見えてきました。☆ヴィッセン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・ケイアイファーム組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ