2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 連続の好走でこのクラスにメドを立てる。時計勝負さえ回避できれば今後も堅実に走ってくれそう。☆ジューヴルエール | トップページ | 前有利の展開では苦しかったも、内にこだわった競馬を貫いて欲しかった。★ラストインパクト »

2016年1月 3日 (日)

4角で外へ振られるロスはあったも、今回は勝ち馬を褒めるべき。2着確保で賞金を上積みできたことを評価したい。★ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

12月27日(日)中山9R・ホープフルS(G2)・国際・芝2000mにM・デムーロJで出走。12頭立て1番人気で6枠9番からスローペースの道中を12、12、11、7番手と進み、直線では大外を通って0秒2差の2着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム2分02秒0、上がり34秒1。馬体重は4キロ増加の452キロでした。

○デムーロ騎手 「後方からソフトに上がったことで勝ち馬と並ぶ格好に。結果的にはビュンと一気に捲ってしまうべきでした。4コーナーで弾かれた際に手前が替わり、そのタイミングで前へ出られたのが痛かったですね。中山コースや芝2000mは全く問題ありませんよ」

○小島調教師 「最終追い切り以降にガス抜きが上手く図れた印象。装鞍等もゆっくりと慎重に行ない、比較的落ち着きを保てていたでしょう。勝負処で外に張られ、複数回ぶつけられる厳しい形。結果自体は残念だったとは言え、来春へ向けて賞金を加算できました。あのような接触の後だけに、美浦へ戻ってから脚元等の様子に注意を払いたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

落ち着き合って、仕上がり良好。スタートはゆっくりと出して、離れた最後方で折り合いに専念。残り1000m付近からジワッとポジションを上げ、4角は大外を一気に進出。直線はハートレーとの叩き合いに持ち込んだが、最後は振り切られてしまった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右回り+距離延長と課題を抱えての1戦でしたが、それに関しては無難に対応。ただ、かなりの素質を秘めた1頭が出走馬にいたことが唯一の誤算でした。

レースぶりに関しては、久々ということもあり、無理せずじっくり後方待機。折り合いは問題ありませんでした。そして勝負どころから捲っていくのも当初の予定どおりだったでしょう。ただ、少し前で流れに乗っていたハートレーがクエストの動きに合せて進出。4角で弾き飛ばすような迫力を見せるとは想像にもしていませんでした。クエストは外へ振られて立て直すロス。それでも差し切れるかなと思ったのですが、直線半ばでの脚色はやや劣勢。左鞭が入って一瞬差を詰めましたが、最後は振り切られてしまいました。

レース映像を見て、人気を分けていたバティスティーニにはキレ負けしないと思っていましたが、ハートレーには血統から来る素質の違いを見せられた格好。今後はクエストの伸びシロがどこまで残されているかですが、今回の着差を逆転することは容易ではないことはしっかり理解しています。現3歳牡馬は現段階でリオンディーズ・ハートレー・サトノダイヤモンドが3強の様相。その下にエアスピネル・ロードクエストといった感じでしょう。

今後についてはスポーツ紙のサイトで見たところ、厩舎に滞在して皐月賞TRへ進む模様。個人的には次走までに鞍上問題をクリアして、同じ騎手で春の3戦を戦って欲しいです。

今回の結果は残念でしたが、気落ちすることなく、日本ダービーまでの賞金を確保できたと前向きに捉えています。

« 連続の好走でこのクラスにメドを立てる。時計勝負さえ回避できれば今後も堅実に走ってくれそう。☆ジューヴルエール | トップページ | 前有利の展開では苦しかったも、内にこだわった競馬を貫いて欲しかった。★ラストインパクト »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードクエスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連続の好走でこのクラスにメドを立てる。時計勝負さえ回避できれば今後も堅実に走ってくれそう。☆ジューヴルエール | トップページ | 前有利の展開では苦しかったも、内にこだわった競馬を貫いて欲しかった。★ラストインパクト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ