2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 7日に美浦・手塚厩舎へ戻っています。☆モンドインテロ | トップページ | 牝馬同士のダート戦で巻き返して欲しいも、力の要る冬場の中山・ダートが合うとは思えず…。★ベルフィオーレ »

2016年1月11日 (月)

動きは悪くないも、まだまだ弱さを抱えてのデビュー戦。まずは無事に走り終えて欲しい。☆パブロ

Photo パブロ(牡・手塚)父キンシャサノキセキ 母ゲルニカ

月曜中山3R メイクデビュー中山 3歳新馬(ダ1200m)8枠15番 石川J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで3日に時計

手塚師「ゲート練習も行いながら進めていますが、ここまでは本当に順調に来れていると思います。追い切りを重ねるごとに動きは着実に良化していますし、このまま順調に行けば初戦から勝ち負けの期待が出来ると思います。相変わらず大人しいタイプの馬ではないですが、不安のあった球節まわりもここにきてすっかり枯れてきました。いずれは芝でもと思っていますが、せっかくいい素材の馬なので体が本当にしっかりしてくるまでは無理せずにダートを使って行きたいと思います」(1/3近況)

石 川 30南坂良 54.7- 40.2- 26.6- 12.9 末強目追う パッシオーネラヴィ(古500万)強目を0.6秒追走0.2秒先着
石 川 3南坂良 58.2- 43.0- 28.3- 14.6 馬なり余力

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで6日に時計

手塚師「今朝(水)の追い切りは坂路コースで終い重点に行いました。時計的には大体予定通りで、終い12秒4は優秀だと思います。テンから飛ばしていたら、全体でも53秒台は出ていたでしょう。ここまで順調に仕上がりましたし、初戦から楽しみです」

石川騎手「最近は毎週追い切りに乗せて頂いていますが、やる度に動きも息使いも良くなっています。また最初は幼い面もあったのですが、最近は余計なことをしなくなり、走ることに専念できるようになってきました。調教の動きから勝ち負けできる力はあると思うので、良い結果が出せるよう頑張ります」(1/6近況)

石 川 6南坂良 55.4- 40.6- 25.6- 12.4 一杯に追う ナヴィオン(古1600万)馬なりを0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回中山4日目(1月11日)
3R 3歳新馬
サラ ダ1200メートル 指定 混合 馬齢 発走10:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フジシャイアン 牡3 56 小島太一
1 2 アポロリュウセイ 牡3 56 西田雄一郎
2 3 プッシュアゲン 牡3 56 勝浦正樹
2 4 サクラボルテージ 牡3 56 松岡正海
3 5 カートニイレル 牝3 51 井上敏樹
3 6 ドジョウスクイ 牡3 54 伴啓太
4 7 ベストサポーター 牡3 56 黛弘人
4 8 アカンパニスト 牝3 54 大野拓弥
5 9 ペニーウェディング 牝3 54 吉田豊
5 10 ヒガシリシャール 牡3 56 柴山雄一
6 11 ボスキャットグレイ 牡3 56 蛯名正義
6 12 カグラグレイス 牝3 54 田中勝春
7 13 ペイシャピリカ 牝3 54 江田照男
7 14 フォーエヴァーマン 牡3 56 田辺裕信
8 15 パブロ 牡3 55 石川裕紀人
8 16 フジノナデシコ 牝3 54 吉田隼人

〇手塚師 「坂路だけの調整だけど、動きはいい。前向きな気性で良いスピードがあるので初戦から」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

募集開始時はそんなに興味がなかった1頭だったのですが、ツアーでの評判・好印象の預託先から出資することに至った同馬。

育成に関しては、2歳になって早々に左前脚に疲れが見えたり、遅生まれで気性面の幼さが目立っていたこともあり、積極的に進めて行くというよりはマイペース調整。独特の返しをする右前脚は常に気になるところではありました。その一方で他馬と一緒に登坂しても、怯んだりするような面はなく、牡馬らしい気の強さを持っていることは頼もしく感じました。

そんなパブロの初入厩が叶ったのは9月下旬。意欲的に乗り込んでいたイメージはなかったので、このタイミングでの入厩はちょっと驚きました。ただ、そのままデビューまで辿り着ける体力はなく、左前球節の種子骨付近がモヤモヤし出した為、ゲート試験に無事合格後はNF天栄での余儀なくされました。正直、このままズルズル長引き、故障に至ることを覚悟しましたが、何とか未然にそれは回避して1月11日のデビューまで辿り着きました。

脚元の関係で坂路でしか乗れていないことがレースでどう影響を及ぼすかは分かりませんが、追い切りの動き・時計はひと追いごとに良化。スピードを持ち合わせていることは確かですし、経験を積んでいけば1勝は出来るはず。

ただ、デビュー戦から勝ち負けを期待するのはちょっと酷かなと。揉まれにくい外枠を引き当てたのは良かったですが、心身の幼さが目立つので、ちょっとしたことでレースへの集中力を欠く可能性は高いでしょう。それ故、デビュー戦の今回に関しては、やはり無事に走り終えてくれることを1番に願っています。

« 7日に美浦・手塚厩舎へ戻っています。☆モンドインテロ | トップページ | 牝馬同士のダート戦で巻き返して欲しいも、力の要る冬場の中山・ダートが合うとは思えず…。★ベルフィオーレ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)パブロ」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんばんは(^^)
パブロやってくれましたね~\(^^)/
近況レポートからなかなか難しい気性の馬という印象で、いくら調教で動いても競馬にいってどうかなと半信半疑でした。
レース内容は素人目にみて、なかなか良い勝ちっぷりだったんじゃないでしょうか?
脚元の状態をみながら大事に使っていってもらいたいです。

いや~新馬勝ちは嬉しいですね(^o^)

もょもとさん、おはようございます。
正直、外国産馬2頭が強いと見ていたので、デビュー戦から勝てるとは思っていませんでした。気難しい面はパドックやレースでは見せませんでしたね。

逃げ切り勝ちでしたが、最後の直線でしっかり伸びたように内容のあるレースだったと私も思います。

こういうレースが出来るなら、先々への期待が高まります。今後が楽しみになりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7日に美浦・手塚厩舎へ戻っています。☆モンドインテロ | トップページ | 牝馬同士のダート戦で巻き返して欲しいも、力の要る冬場の中山・ダートが合うとは思えず…。★ベルフィオーレ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ