最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(3歳関西馬・ケイアイファーム組) | トップページ | ロードなお馬さん(7歳・池江厩舎) »

2016年1月17日 (日)

松田博調教師の定年により、14日付で栗東・角居厩舎へ転厩に。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

松田博資調教師が定年のため、厩舎は2月末を持って解散となります。そこで、本馬の転厩先を検討していましたが、角居勝彦調教師に打診を行ったところ快諾が得られましたので、タイミングを見て角居厩舎への転厩手続きを行います。なお、今春につきましては距離適性などを踏まえて、オーストラリア遠征も1つのプランとして考えております。今後、ノーザンファームしがらきでの状態を確認しながら角居調教師と具体的な目標を定めて行きます。

松田博師「入厩当初は体がボテッとして、ディープインパクト産駒らしからぬ馬体でしたが、ここまで逞しく見栄えの良い馬体に成長してくれました。G1こそ取らせることは出来ませんでしたが、重賞を3つ取ってくれましたし、本当に良い馬に携わることが出来ました。ありがとうございます。次の厩舎で更に活躍してくれることを期待しています」(1/12近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでハッキング、キャンター

厩舎長 「回復も早く、状態は安定しているので今週から周回コースで調教を開始しています。具体的な予定は聞いていませんが、いつでも入厩できる態勢には整えておこうと思いますので、長めに乗り込んで体を作っていきます。馬体重は528キロです」(1/15近況)

なお、1月14日付で栗東・角居勝彦厩舎へ転厩の手続きが取られています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラストインパクトは角居厩舎に転厩へ 豪州遠征プランも検討(競馬ラボより)

12日、14年の京都大賞典(G2)など重賞3勝を挙げているラストインパクトが角居勝彦厩舎に転厩することが、所属するシルクホースクラブより発表された。松田博資調教師が定年をむかえ、2月末に厩舎が解散となるため。

同発表によると、今後は距離適性などを踏まえオーストラリア遠征も1つのプランとして考えられているとのこと。昨年も日本馬はオーストラリア遠征を行なっており、リアルインパクトがジョージライダーS(G1)を制覇、トゥザワールド、トーセンスターダムの両馬もG1で2着に入るなど活躍を見せていた。昨年のジャパンCでも2着に入った実力馬が、新天地で更なる飛躍を目指す。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

松田博調教師の定年・厩舎の解散の前にもう1戦(京都記念)するのかなと見ていましたが、一足先に新たな預託先が決定。ただ、角居厩舎に転厩するとは予想外でちょっとビックリ。また、オーストラリア遠征を予定していることも想像にもしていませんでした。

まあ、天皇賞・春に参戦しても、昨年以上の結果は難しいでしょうし、独自の道を模索することは歓迎です。今後については徐々に明らかになってくるでしょうが、ラストインパクトの適性をに沿った番組選びをお願いします。

« ロードなお馬さん(3歳関西馬・ケイアイファーム組) | トップページ | ロードなお馬さん(7歳・池江厩舎) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(3歳関西馬・ケイアイファーム組) | トップページ | ロードなお馬さん(7歳・池江厩舎) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ