最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) | トップページ | 良い感じで直線を向くも、今回もひと踏ん張りが足りず。それでも健闘の5着。☆ロードガルーダ »

2015年12月31日 (木)

シルクなお馬さん(4歳馬)

Photo_3 インストレーション

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は周回コースで9ハロンから17-17

天栄担当者「今週は試しに周回コースで乗っていますが、坂路コースで乗っている時よりも調教後の患部の反応が少ないので、今後は周回コースで進めていく方が良いでしょう。坂路コースは傾斜があるのでどうしても前肢が伸びる感じになってしまいますからね。右前の膝裏の張りは治療して徐々に落ち着いてきていますが、まだ油断はできないので、今後も様子を見ながら進めていきます。馬体重は562キロです」(12/25近況)

Photo ヴォルケンクラッツ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回坂路コースでハロン14~15秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「今週もハロン14秒の調教を行っていますが、手応えは余裕がありますし、順調ですね。具体的な日取りは決まっていませんが、年明けにしがらきへ移動するという話も出てきましたので、引き続きしっかり乗り込んでいきます」(12/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インストレーションは色々と工夫して進めてくれていますが、不安箇所の右前の膝裏はまだまだ油断できない状況。ズルズルと休養期間が長引かなければ良いのですが…。

停滞のインストレーションと違って、喉の手術を行ってからのヴォルケンクラッツは右肩上がりに上昇。年明けにもNFしがらきへ移動する予定となっています。喉の負担が軽減されたことで、後は走る方へ気持ちが向いてくれれば。能力は十分秘めた馬ですから、まだまだ上を目指してもらいたいです。

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) | トップページ | 良い感じで直線を向くも、今回もひと踏ん張りが足りず。それでも健闘の5着。☆ロードガルーダ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ヴォルケンクラッツ」カテゴリの記事

(引退)インストレーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) | トップページ | 良い感じで直線を向くも、今回もひと踏ん張りが足りず。それでも健闘の5着。☆ロードガルーダ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ