2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 意欲的に仕掛けていくも、体力不足は否めず。最後は苦しくなって失速してしまう。大外枠も厳しかった。★ジスターキ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳以上・牧場組) »

2015年11月 2日 (月)

最後は現状の決め手の差が出た結果も、キャリア2戦目で中身の濃いレースが出来たことは大満足。☆イリデッセンス

Photo イリデッセンス(牝・佐々木晶)父ダイワメジャー 母スペリオルパール

日曜京都2R 2歳未勝利(芝1600m) 3着(2番人気) 藤岡康J

まずまずのスタートから中団に付け、道中は9番手あたりを追走、残り600m付近から徐々に進出し、直線では馬群の中から脚を伸ばすと、一完歩ごとに前との差を詰めましたが、上位には届かず3着でゴールしています。

藤岡康騎手「初戦は流れが緩かったことで好位で競馬をすることが出来たと思いますが、今回は距離が200m短くなったことで少し対応できなかった分、追走に苦労しましたね。あまり追っ付けて行くと終いが甘くなると思い、脚を溜めながら追走していきましたが、勝負処でもスッと上がってくれましたし、最後まで頑張って脚を使ってくれました。手前を替えてももたれる所はありませんでしたし、2戦目としてはかなり内容は良かったと思いますよ」

佐々木晶調教師「さすがに新馬戦とは違ってそれなりにペースが速かったので、追走に少し苦労しましたね。それでも終いはしっかり脚を使ってくれましたし、もたれる面がなかったので上積みは実感できました。この距離を一度経験したことで次からはもう少し追走も楽になると思うし、1600mから1800mあたりが競馬しやすいと思います。次走はトレセンに戻って状態を確認してから検討します」(レース結果)

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる、ソロっと行かせて中団のやや後ろ。前半は行きたがるのを抑えて追走。なるべく外を回らないようにして勝負どころからジワッと進出開始。直線もうまく進路ができてしっかり伸びた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

人気を下回る結果に終わってしまいましたが、難しいキャリア2戦目を非常に中身の濃いレースで終えることが出来たのは先々を見据えると、勝利以上に価値のある1戦になったかなと思います。

マイナス8キロという馬体重を知った時は心配でしたが、パドックに登場してきた姿はスッキリした感じ。これ以上減るのはダメでしょうが、好仕上がりでレースへ挑めたと思います。

レースに関しては、緩い流れだったデビュー戦とは異なり、今回は淀みない流れ。追走に苦労している様子が見て取れ、不安な気持ちで見守っていましたが、4角を回ってくる勢いは上々。直線は外へ持ち出していくのかなと見ていましたが、圧倒的人気を集めていたマテラアリオンが抜けていった進路の後を追うことに。上手にスペースを突いていくことが出来ましたし、イリデッセンス自身も狭いところを躊躇せずに駆けてくれたのは立派。

一瞬、前を行くライバルを全て面倒見そうな雰囲気を感じましたが、残り100m過ぎからは現状の決め手の差が出た感じ。それでも最後まで前との差を詰めようとしていたのは感激。今回のような溜める競馬で末脚に徹した方が能力を引き出せそうです。

今後の予定はハッキリしていませんが、佐々木晶調教師のニュアンスだと、京都開催中にもう1戦することになりそう。本格化はもう少し先のことになるでしょうが、今回のような競馬を続けていけば、大崩れはありませんし、近い将来に初勝利を手にすることが出来るでしょう。

« 意欲的に仕掛けていくも、体力不足は否めず。最後は苦しくなって失速してしまう。大外枠も厳しかった。★ジスターキ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳以上・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)イリデッセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 意欲的に仕掛けていくも、体力不足は否めず。最後は苦しくなって失速してしまう。大外枠も厳しかった。★ジスターキ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳以上・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ