2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 右前の爪を気にする素振りを見せてペースダウン。★ディグニファイド | トップページ | 唐突ですが、帰厩後は障害練習を始めています。★プルーヴダモール »

2015年11月22日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.496

(京都11R)マイルCS(G1)

◎サトノアラジン、○イスラボニータ、▲フィエロ、△モーリス、×ヴァンセンヌ、×トーセンスターダム

波乱の要素はあるかもしれませんが、個人的には◎~△の4頭が少し抜けた存在。マイルでの安定感・順調度を評価すると、本命はサトノアラジン。京都は1戦しか経験はありませんが、それは菊花賞6着でのもの。不利がなければ、上位へ来れていたような末脚を見せていたのでこの舞台は苦にしないでしょう。

イスラボニータは秋3戦目。中2週続き+京都への輸送は楽ではありませんが、稽古の動きを見ると上昇ぶりは確か。レースの流れにスンナリ乗れれば、マイルでも問題なし。

フィエロは京都巧者。ただ、大きい舞台になると、力を発揮できないままでレースを終えるケースも。また、このメンバー相手に勝ち切るとなると、もうワンパンチ欲しいような…。

モーリスはアッサリ勝っても不思議ありませんが、関西への長距離輸送は懸念材料。外枠に入ったのも良いとは言えないでしょうし。今回は押さえ程度で良いのかなと。

ヴァンセンヌはここ2走が案外。ただ、これは力を出し切れぬまま敗退してしまった競馬。折り合いに難はありますが、最内枠が当たったのはラッキーでしょう。状態は悪くありませんし、荒れて来た今の馬場もプラス。巻き返しがあっても。

穴なら京都巧者のトーセンスターダム。脆い面はありますが、この舞台を得意にしているアドバンテージは大きいでしょう。状態に関しては心配なし。

« 右前の爪を気にする素振りを見せてペースダウン。★ディグニファイド | トップページ | 唐突ですが、帰厩後は障害練習を始めています。★プルーヴダモール »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 右前の爪を気にする素振りを見せてペースダウン。★ディグニファイド | トップページ | 唐突ですが、帰厩後は障害練習を始めています。★プルーヴダモール »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ