2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳・入厩組) | トップページ | 【シルク】通常募集の受付開始 »

2015年10月14日 (水)

順調さを欠いた臨戦過程も、余力十分なレース内容で力の違いを見せる。☆ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

土曜京都1R 2歳未勝利(ダ1400m) 優勝(1番人気) 川田J 

まずまずのスタートから二の脚がついてハナに立ち、1馬身ほどのリードでレースを先導、そのまま先頭キープで直線に入ると、残り200m過ぎで多少促した程度でほぼ持ったまま後続の追撃を抑え、単勝1倍台の圧倒的1番人気に応えて悠々と初勝利を挙げています。

川田騎手「扉が開く音をびっくりして頭を上げてしまうので、今回はぎりぎりまで頭を横に向けて、開いた瞬間に前へ向けて出して行きました。その為に少し飛び上がるような感じ出てしまいましたが、二の脚が速い馬なのでスッと好位に取り付くことが出来ました。楽にあの位置で競馬をすることが出来ましたし、手応え十分だったので、追っ付けて行く必要もなく、勝負処までは相手を待つ余裕すらありました。追わない分、トモが入ってこない感じはありましたが、しっかり追っ付けていればグッと沈み、良いフォームになって加速していたと思います。それだけ余裕のある内容でした」

西村調教師「本当なら前走でしっかり決めたかったところですが、それだけ前走がレベルの高いレースだったということでしょう。今回はジョッキーも考えてゲートを出してくれたようですし、前半あれだけ楽に立ち回ることが出来たので、最後も余裕がありましたね。時計も全力を出していればもっと詰めていたと思います。それだけ余力を残して競馬を終えることが出来たのは良かったですね。次走についてはトレセンに戻って状態をしっかり確認して検討します」(レース結果)

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一頓挫あってのレースだったので、馬体増を懸念しましたが、それは問題なくクリア。パドックを周回する様子も良かったので、好走は確信してできました。あとはこの相手にきっちり勝ち切れるかどうかだけ。

課題のスタートは川田Jの工夫の甲斐があって、これまでで1番のスタート。多少の遅れは二の脚でしっかりカバー。確実に勝ちに行くなら、ハナへ行くんだろうなあと見ていましたが、迷わず先頭に立ってマイペースの逃げ。他馬に絡まれることもなかったです。

余力十分に4角を回って最後の直線へ。軽く仕掛けて少し突き放したところで、手綱をセーブ。懸命に追いすがる2着馬を尻目に楽々とゴールイン。終わってみれば、順当勝ちといえる完勝ぶりでしたが、一頓挫があった後だけにホッとしました。

これまでのレースを見ると、スタート地点の芝で行き脚がついているので、芝の適性を試す価値はあると思います。ただ、大型馬でまだパンとしていない現状を踏まえると、ダートで壁にぶつかるまではダートオンリーで行くべきかなと個人的には思います。

今後に関しては流動的ですが、伸びシロのある馬だと思うので、2歳時から色々と欲張るのは悪影響。1つ勝ったこのタイミングで心身の成長を促すのが先々を見据えた上で1番の選択でしょう。開業してまもないということで、厩舎の名を売るような使い方は慎んでもらいたいです。

« シルクなお馬さん(2歳・入厩組) | トップページ | 【シルク】通常募集の受付開始 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ソーディヴァイン」カテゴリの記事

コメント

こちらもこんばんは。
ソーディヴィアン、まずは無事勝ち上がってくれてホッとしましたね。
前走の反動が勝ち馬も含め大きかったようで、その影響がどう出るか心配でした。
ざ石になった時は続戦は厳しいのかなあと思いましたが、無事でよかったです。

今後は状態次第でしょうけどなでしこ賞のようですね。
去年のワンラス思い出しますね(笑)
彼もソエおして使い続けて、最近はガッタガタになっているので詰めて使うのはどうなんでしょうねえ。。

でも芝の重賞と言い出さなくて良かったです。
素質は高そうですが脚元はやっぱり不安に思いますので、
まずは無事に行って欲しいお馬さんですね。

ぼんちゃんさん、こちらにもありがとうございます。
前走負けた相手が昇級戦でアッサリ負けていたのが気掛かりでしたが、これは速い時計で駆け抜けた反動が大きかったようですね。

ソーディヴァインはザ石で少し間隔が空いたのも、結果として良かったんでしょう。

ただ、今後の続戦は賛成しかねますね。ダートの1400m以下ならゆくゆくは準OP以上は狙える馬だと思うので、今からそう焦って使うことはないです。痛いところを気にして走ることで、走りへの前向きさが失われてしまうことを危惧します。

だいたい西村師が調教をつけてくれていることは大感謝ですが、目先のことに捉われないで、ホント大事に素質を磨いていってもらいたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳・入厩組) | トップページ | 【シルク】通常募集の受付開始 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ