最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 牝馬限定戦にこだわって意欲の連闘策。ただ、前走の競馬内容から粒の揃ったここでは更に苦しそうで…。★パルテノン | トップページ | 500万下で厳しい結果が続くも、願っていたブリンカー装着が良いキッカケになってくれれば…。★ディグニファイド »

2015年9月 5日 (土)

良くなってくるのはもう少し先だと思うので、まずは良血馬らしいセンスある走りを見せてくれれば。☆イリデッセンス

Photo イリデッセンス(牝・佐々木晶)父ダイワメジャー 母スペリオルパール

日曜小倉5R メイクデビュー小倉 2歳新馬(芝1800m)8枠13番 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター 2日に坂路で追い切り

佐々木晶師「今朝、ゲートから出す予定でしたが、雨の影響で馬場がかなり悪かったので、急遽予定を変更して坂路でさっと追い切りました。その後、川田騎手に跨ってもらい、ゲートの出の確認をしてもらいました。先週より状態は上向いていますし、ここまでじっくり調整することが出来たので、万全の状態で出走できると思います。ここまで来ると素質馬は阪神開催に待機しているでしょうから、そこまで揃わないと思うので、勝ち上がっていいスタートを切りたいですね」

川田騎手「今日はゲートの出の確認だけでしたが、休養する前に跨った時と比べると、しっかり出る様になっていますし、自分からハミを取ってグッと行く気を見せてくれたので、スッと良い位置が取れそうですね。後は先週の追い切りで感じた手前を上手く替えてくれるかどうかは、実戦に行ってみないとわかりませんが、追ってしっかり脚を使ってくれるのは分かっているので、出来るだけスムーズな競馬を心掛けたいと思います」(9/2近況)

助 手 2栗坂重 55.3- 41.1- 26.5- 13.1 馬なり余力 トウシンゼファー(新馬)一杯に0.3秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回小倉12日目(9月6日)
5R 2歳新馬
サラ 芝1800メートル 指定 混合 馬齢 発走12:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ダンツワイズ 牡2 54 太宰啓介
2 2 ジョースターライト 牡2 54 川須栄彦
3 3 デルマオギン 牝2 53 松若風馬
4 4 シゲルホオジロザメ 牡2 54 酒井学
4 5 ボンナヴァン 牡2 54 浜中俊
5 6 コウザンアプローチ 牡2 54 幸英明
5 7 タイセイエクレール 牡2 54 北村友一
6 8 カシノポップ 牝2 51 義英真
6 9 タムロゴーゴー 牡2 54 国分優作
7 10 セルリアンシリウス 牡2 54 高倉稜
7 11 ヴレ 牡2 54 松山弘平
8 12 ロードスター 牡2 51 鮫島克駿
8 13 イリデッセンス 牝2 54 川田将雅

○佐々木晶師 「夏前にゲート試験に受かって一旦放牧。十分乗り込んだから仕上がりはいい。ジョッキーの感触も良かったようだよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【小倉新馬戦】インパクト半妹イリデッセンス“気持ちが前向き”

日曜小倉5Rのイリデッセンス(牝=佐々木、父ダイワメジャー)は、重賞3勝を挙げるラストインパクトの半妹だ。

2日の最終追いは坂路で4F55秒3を刻みトウシンゼファー(2歳新馬)に1馬身先着した。佐々木師は「気持ちが前向き。この1週間でピリッとしてきたね。血統もいいし、初戦からやれるんじゃないかな」と満足げだった。(4日・スポニチより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【POG】イリデッセンスら日曜小倉トレセン直送トーク(競馬ラボより)

○イリデッセンス(牝2、栗東・佐々晶厩舎)

兄に重賞を3勝しているラストインパクト、母は未出走だが、その兄にビワハヤヒデ、ナリタブライアンがいる良血馬。追い切りでもひと追い毎に力強さが増して、4度の併せ馬で全て先着を果たしている。

この動きに佐々木晶三調教師も「いいキャンターをしているし、前向きさもある。1週前に川田を乗せてビシッとやったことで、ピリッとした面が出てきたしね。血統的にも期待している馬だよ」とニッコリ。父がこの世代好調なダイワメジャーというのも心強い材料だ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイワメジャーの牝馬に好印象はなかったのですが、出資しているラストインパクトの半妹という後押しで出資を決めたイリデッセンス。体高がないダイワメジャー産駒は嫌なのですが、同馬はそれなりに脚が長く、歩様も滑らか。また、流星がシンメトリーで品のある顔立ちは気性面での不安は少ないかなと思いました。

育成の初期は体重が安定しなかったり、臀部を打撲し切開手術をする小トラブルはありましたが、軌道に乗ってからは頗る順調。本州への移動→初入厩→ゲート試験合格と優等生ぶりを見せています。

肝心の動きに関しては、水準以上のモノは見せています。ただ、その一方で若駒らしい未完成な面も。学習能力は高そうですが、手前の替え方などスムーズさを欠く感も。それが初めての実戦でどう出るかでしょうね。

相手関係を見ると、1番のライバルになってくるのが浜中J=藤原英厩舎のボンナヴァン。稽古量豊富で動きも良好。父シンボリクリスエスですし、荒れてきた今の馬場もプラスでしょう。一方、軽い走りをするイリデッセンスは芝の実戦に行って良さそうですが、非力さが今の馬場で応えなければ。

頑張ってもらわないといけない1頭ですが、早期からの活躍を見込むよりは良くなってくるのを今しばらく待った方が良いタイプかと。そして成長過程において気性面での難しいところが出てこなければ、結果は残していってくれると思います。それ故、今回のデビュー戦は随所にセンスのあるところを見せてくれれば。

« 牝馬限定戦にこだわって意欲の連闘策。ただ、前走の競馬内容から粒の揃ったここでは更に苦しそうで…。★パルテノン | トップページ | 500万下で厳しい結果が続くも、願っていたブリンカー装着が良いキッカケになってくれれば…。★ディグニファイド »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)イリデッセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牝馬限定戦にこだわって意欲の連闘策。ただ、前走の競馬内容から粒の揃ったここでは更に苦しそうで…。★パルテノン | トップページ | 500万下で厳しい結果が続くも、願っていたブリンカー装着が良いキッカケになってくれれば…。★ディグニファイド »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ