2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« レース後の状態は特に問題なく、札幌開催が終わってから本州へ。ひとまず次走は天皇賞・秋を予定。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・牧場組) »

2015年9月 2日 (水)

勝っておきたい1戦だったも、道悪に末脚が削がれてしまう。何とか2着確保が精一杯。★デルフィーノ

Photo_6 デルフィーノ(牝・牧)父ハーツクライ 母レディアーティスト

8月30日(日)新潟7R・3歳上500万下・混合・芝1800mに内田博Jで出走します。13頭立て1番人気で5枠6番からハイペースの道中を4、4、3番手と進み、直線では大外を通って0秒5差の2着でした。馬場は稍重。タイム1分47秒5、上がり34秒8。馬体重は6キロ減少の456キロでした。

○内田騎手 「上手くいった・・・と思ったものの、最後は切れ味の差が出た感じです。パワーが必要な今日のような馬場よりも乾いていた方が向いている印象。相変わらずセンスの良さを感じましたし、すぐにチャンスが巡って来るでしょう」

○牧調教師 「直線でフラフラと。このような馬場が得意そうな勝ち馬とは適性の差が出たのでしょう。それにしても中1週の遠征で落ち着きを保っていられたのは収穫。去年までのデルフィーノではとても考えられなかった部分に成長を感じます。厩舎に戻ってからイレ込むようであればリフレッシュ期間を設け、ゆったりしているようであれば置いたまま次走へ向かうつもりです」

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

勝ちを計算していた1鞍でしたが、レース当日の雨で渋った馬場での競馬は全くの想定外。まあ、前走の内容からそれでも押し切れるかなとは思ったのですが、そう甘くはなかったです。

内田Jはしっかりスタートを決めて、中団より前目の位置での競馬。少し行きたがる素振りをデルフィーノは見せましたが、許容範囲。直線を向いてから押し出しを待つ余裕はありました。ただ、いざ追い出してからの伸びが案外。勝ち馬に内から突き放され、大外一気に伸びてきた3着馬の追撃を防ぐのがやっとでした。

中1週で再度の新潟遠征。落ち着きはありましたが、マイナス6キロで少しお腹回りが寂しく見えました。その当たりがひと押しを欠いた要因かなとも思います。早く1つ勝き、秋へ繋げたかったんでしょうが…。うーん、難しいところです。

今後はレース後の様子を見て、続戦か放牧かを決める予定。落ち着きがあるかを確認すると共に、馬体の回復を最重要視してもらえればと思います。個人的には2度の新潟遠征を行ったので、東京開催へ目標を切り替えてリフレッシュを挟んでもらいたいです。

« レース後の状態は特に問題なく、札幌開催が終わってから本州へ。ひとまず次走は天皇賞・秋を予定。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・牧場組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)デルフィーノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース後の状態は特に問題なく、札幌開催が終わってから本州へ。ひとまず次走は天皇賞・秋を予定。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(3歳・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ